人気ブログランキング |

パーキンソン病 と LGBT & 女の子だから………と 子供の「 靴 」





&&&&&&&&&&&&&&&&&&

パーキンソン病 と LGBT & 女の子だから………と 子供の「 靴 」_f0300216_07131675.jpeg

靴の正しい履き方や選び方を知っていますか。きちんと履けていないために、足にトラブルを抱える子も多いといいます。専門家は、幼少期からの「靴教育」の大切さを訴えます。

 「テープをぎゅーっと引っ張って、ぺったん。できるかな」

 東京都港区の区立青南幼稚園で9月下旬に開かれた「足育(あしいく)教室」。靴教育に詳しい早稲田大招聘(しょうへい)研究員の吉村真由美さん(55)が、テープのついた上靴の履き方を園児に教えていた。

 床に座ったまま、靴のテープをベリベリッとはがす。靴に足を入れたらつま先を上げ、かかとをトントンと床について靴と足を合わせる。つま先を下ろして足と反対の方の手で靴の左右を押さえ、もう片方の手でテープをぎゅっと引っ張り、くっつける。

 靴を履き終え、立ち上がって足踏みした子どもたちからは、「(靴が)ぴったりくっついてる」「軽い!」と声が上がった。最後に、新山裕之園長が「靴は手を使って、丁寧に脱いだり履いたりしようね」と呼びかけた。


園では昨年度から、靴の履き方指導に力を入れている。早く履き替えて遊びたい園児たちは、テープをはがさずに足を入れたり、つま先をトントンして履いたりと、履き方が雑になりがちだ。正しく履けていなかったり、サイズが大きかったりすると、走った時に靴が脱げたり、転んだりする原因になる。

 保護者にも足と靴に関心を持ってもらおうと、吉村さんによる靴の選び方や足のトラブルに関する講演会も開かれた。新山裕之園長は「足と靴がぴったり合った感覚を知り、幼い頃から丁寧に靴を履く習慣を身につけておけば、将来、履き方や選び方も変わってくるはず」と話す。

 全国の幼稚園や学校が加盟する公益財団法人「日本学校体育研究連合会」は、靴の履き方や選び方といった出前授業や指導案づくり、実践研究などを通じ、子どもたちの足の健康をつくる「足育」に、2011年から取り組んでいる。同園はその研究推進園だ。連合会は昨年度、東京都内の14校で出前授業や講演会をした。菅原健次理事は「『足育』を、今後は全国の学校や幼稚園にも広めていきたい」と話している。


靴の履き方が、足のトラブルに直結する場合もある。

 「靴外来」を開く塩之谷整形外科愛知県豊橋市)の塩之谷香院長は「保育園や幼稚園の頃から、靴の正しい知識を学んでほしい」と話す。保護者も学ぶ機会が少なく、誤った靴の履き方が、トラブルにつながるケースも多いという。

 ひざから足首の痛みを訴え来院した小3男児は、足のサイズより3センチ大きい靴を履いていた。足が前に滑らないよう指に力を入れて歩くことで指が変形していた。保護者は足の痛みを訴える男児のため、逆に意識して大きい靴を履かせていたという。また、大きすぎる靴を履いていたために、足をひねり、骨折してしまった9歳女児もいた。

パーキンソン病 と LGBT & 女の子だから………と 子供の「 靴 」_f0300216_07190587.jpeg

一方、塩之谷さんは足の成長で靴が小さくなっても、徐々に変わるために気づきにくく、きついと訴える子どもが少ないとも感じている。「0歳から足が完成する15歳くらいまでは、サイズが合っているか、学期ごとに保護者が確認することが望ましい」と助言する。

パーキンソン病 と LGBT & 女の子だから………と 子供の「 靴 」_f0300216_07203390.jpeg

 また、足の疲労感や捻挫の症状で来院する子どもの多くが、靴のかかとを踏んでいたり、テープやひもを毎回締め直さなかったりしているという。かかとを踏むなどし、形が崩れた靴のまま不安定な姿勢で歩くと、足自体の形にも影響を及ぼす。きょうだいや知人からのお下がりの靴にも要注意。かかとの芯が潰れていないか、靴底がすり減っていないかなどを確認することが必要だ。靴を履く時は、毎回テープやひもを締め直し、足と靴が密着した状態にする。

 塩之谷さんは「すねやひざを痛がったり、歩き方が気になったりする場合も靴が影響している可能性がある。正しい選び方、履き方に関心を持ってほしい」と話す。(斉藤純江、西村綾華)

パーキンソン病 と LGBT & 女の子だから………と 子供の「 靴 」_f0300216_07200993.jpeg

靴選びのポイント■

・中敷きが取り出せる(サイズ確認がしやすい)

・かかとを合わせた時に、つま先に10ミリ程度の余裕がある

・テープやひもなどの留め具がある

・15歳くらいまでは、学期ごとに保護者がサイズ感を確認する

(塩之谷香さんへの取材から)


アサデジより


「 幼児期 」は うまく伝える事が出来ませんから

親、、、が 【 よく観察 】する事が 大切です

むかし 義肢製作所に務めてましたから

「 扁平足 」〈 内反足 〉、、、、、、


幼少期に『 整形靴 』を 履かせて 矯正してました

それは……… 今でも かわってないと思いますよ


ですからね…………

「 かわいそう……… 」等と 想って!!!

装着( 履かせる )に 手心を加えると

矯正では治らなくなり、、、手術対象に なるかもしれません、、、、、


ソレを 尚、、、躊躇すると、、、歩様が可笑しくなります!!!

女の子なら、、、、その時期には 泣き出すかもわかりません、、、、、


靴の内側が 磨り減るのですから

「 ハイヒール 」ミュール、、、は 履けません( バランスを崩します


シッカリと 見てあげてくださいね!!!


名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by tomoyoshikatsu | 2018-11-14 16:18 | 医療と健康 | Comments(0)