長崎から…………

f0300216_06524677.jpeg

今春から事業主に精神障害者の雇用が義務づけられることに備え、長崎労働局やハローワーク長崎(いずれも長崎市)は精神障害や発達障害の正しい知識を持ってもらおうと、セミナーや出前講座を開いている。県内では、就職を希望する精神障害者が増える一方、身体障害者に比べて雇用が遅れている実情がある。

 「何から始めればいいか分からない」。先月末、長崎市内で開かれたセミナーで、参加者がこぼした。現在は精神障害者と触れ合う機会がなく、「法律で決まっているから受け入れて下さい、と言われても……」と戸惑いを見せる。

 従業員のうち一定割合以上の障害者を雇用することを事業主に義務づける「法定雇用率」が、今年4月に現在の2・0%から2・2%に引き上げられる。これまでの身体・知的障害者に加え、精神障害者の雇用が義務化されることに伴うものだ。

 長崎労働局は2、3月を「精神障害者雇用促進キャンペーン」と位置づけ、経済団体や事業主へ精神障害者の積極的な雇用を呼びかけることにしている。

 長崎市内で開かれたセミナーには、県内約50社の人事担当者や現場管理者が参加した。精神障害者の就労支援に携わる医師やハローワーク職員が講演。「あれ、これ」などあいまいな表現を使わない▽言葉だけでなく文字や絵で視覚化して伝える▽優先順位を決めるのが苦手な人が多いため、スケジュールを明確にする▽一度に複数の指示をしない――など、接し方のポイントを伝えた。

 セミナーの後半では、参加者が意見交換。すでに精神障害者とともに働いているという人は、作業を細分化する「仕事の切り出し」をしてできることを考え、それを少しずつ増やしていくといった工夫を紹介した。参加者の一人は、「ひとくちに精神障害と言っても一人ひとり違い、病名だけでは分からない。病気ではなく、個性ととらえています」と語った。

 能力は高いものの、一度の失敗で自信をなくしてしまう人もいる。ミスをしたら一緒に原因を考え、その人にマッチする仕事を探していく……その積み重ねが大事、という意見も出た。

民間雇用 全国45位・4割、1年以内離職

 ハローワーク長崎によると、長崎県内に本社のある従業員50人以上の民間企業944社の障害者実雇用率は2・26%で全国9位(2017年)。しかし精神障害者では45位と、他県と比べて雇用が進んでいない。

 一方、働くことを希望する精神障害者は増えている。県内の新規求職申し込みは1165件(2016年度)と5年で倍増。障害者全体の4割を占める。実際に就職する人も増えているが、4割ほどが1年以内に離職してしまうという。理由は「職場の雰囲気、人間関係」が最も多い。

 厚生労働省は昨秋から、働きやすい環境作りを手助けする「精神・発達障害者しごとサポーター」の養成講座を全国で開始。資格や制度ではなく、精神・発達障害の基礎知識を1時間程度の講義で学ぶ。

 県内でも昨年、長崎、佐世保、諫早の各市で開かれた。今年度は終了しているが、企業から要望があれば「出前講座」を実施している。ハローワーク長崎の中村浩樹業務部長は「受け入れ態勢が整っている会社だとわかれば、精神障害者も就職しやすい。障害を明かして仕事ができるよう、理解が広まってほしい」と話す。

 アサデジ長崎版より

「 障害 」を 隠したいひと !

そう……… でない人、、、

「 精神障害 」と 言われる人達は 外見は判断つきませんから

できるなら

わからない様にしたい、、、そんな人もいる!

《 就労 》と なれば話は違ってくる

人間関係の構築には

周りのFollow が優先される


&&&&&&&&&&&&&&&&&&&


f0300216_06562470.jpeg

f0300216_06564438.jpeg

私はむかし、、、

Daiei HWKUSの観戦に

観戦 !交通費 !込みの チケットで 往復したことありますよ

Hotel ( 当時は “ シーホーク ” 」代をあわせた プランもありました



[PR]
トラックバックURL : https://tomo333.exblog.jp/tb/29552117
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by tomoyoshikatsu | 2018-02-14 20:08 | 呟き と 嘆き | Trackback | Comments(0)