「 なぜ ? 」〈 どうして ? 〉からの ………

f0300216_09173460.jpg

 教科書に縛られず身の回りの生きものや自然現象などを通して、いのちの大切さを教え続けてきた金沢市の元小学校教諭で大学教授、金森俊朗さん(70)が今春、退職する。「ハッピー学級」を合言葉に仲間づくりを実践。子どもたちに教え、教えられた半世紀だった。

■教員志望の学生に最後の授業

 1月19日、北陸学院大(金沢市)の教室で、金森さんは、47年間の教員人生の最後となる教壇に立った。小学校教諭らをめざす学生たち約20人が、詰め合って前の方の席に陣取る。

 「この絵で何を教える?」。金森さんは小学3年の教科書に載っている一枚の絵を掲げて聞いた。囲炉裏にわらじ、草履、わら靴などが描かれている。

 すかさず女子学生が手を挙げた。「今との違いを学ぶ」。金森さんが、「どうしてそれを学ぶ必要があるの?」と問うと、「ありがたみを知る?」。

 社会科で教科書や独自の教材から、どれだけ内容の濃い授業を作れるか。そのコツを伝える講義だ。

 「ほかには」。金森さんの問いかけに、最前列の別の女子学生が立ち上がり、「当時の人の工夫を学ぶ」。「なぜ知るべきなの?」。「知恵を学ぶため」と中列の女子学生が続く。「でも、知らなくても生きていけるよ」と金森さんが重ねると、別の女子学生が手を挙げ、「よりよく生きるための知恵を学ぶことができる、かなあ?」。

 「はい、ここまで考えが発展しましたね。こういう訓練が大切です」


f0300216_09203714.jpg

 金森さんの授業のスタイルは、発言を否定せず、「なぜ?」をぶつけ、思考が膨らむ手助けをする。それは、小学校教諭時代から変わらない。一方的に教授が話すと思っていた大学の講義のイメージが覆る。

 授業の終わりに金森さんは、最後の「教え子」にこんな言葉を贈った。「こんな風に子どもたちの言葉を生かしてごらん。良い授業ができますように」

■身の回りの物事から

 金森さんは小学校教諭時代、「いのちの授業」と呼ばれる実践を続けてきた。

 例えば、給食をきっかけに、何種類のいのちを食べて、生かされているのかを学ぶ。米に注目すると、「米は稲の何?」と問う。子どもたちが「稲の赤ちゃん」と読み解くと、実際に稲を育てて収穫し、食べる。そんな風にして、身の回りの物事から、読み解き、学ぶ力を養った。

 学級で育てたニワトリを解体して食べたり、障害者や妊婦、死と向き合う末期がん患者らを教室に招いて話をしてもらったりした。

 金沢大を卒業後、金沢市内の小学校に勤務した。いのちの授業を本格的に始めたのは1980年代。きっかけは身近な死だった。20代のころ、2人の子どもを妻の胎内と切迫早産で失った。さらに中学に進学した教え子2人を、自殺と事故死で亡くした。「自分のいのちを大切に考えるようになる教育をしようと心に決めた」

 自他のいのちを尊重する。その思いは、金森さんが目指した「つながり合ってハッピーに生きようぜ」の合言葉に凝縮されている。そのために「手紙ノート」を続けた。両親の離婚や肉親の死、いじめ……。毎日、2~3人がクラスの誰かに宛てて悩みや不安などをつづり、みんなの前で発表し、仲間を知る。

 十数年前、4年生を担任した時のことだ。祖母を亡くした男子児童が思いを書いた。それを聞いた女子児童は、3歳の時に父を過労死で亡くした経験をつづり、涙ながらに初めて心情を打ち明けたことがあった。「この仲間たちなら、自分の悲しみを受け止めてくれると信じられたんでしょうね」

 金森学級の子どもたちは、感じたことや気づいたこと、疑問に思ったことを放っておかずに、とにかく調べまくった。図書館や歴史資料館での資料探し、野山での観察、街の人々へのインタビュー。「教師が教えられるものではない。人やモノから学ぶ。五感で学んだものは心の残り方が違う。また伝える力も育める」

 小学校時代の教え子の佐野絵美さん(36)は今、金沢市立の小学校で教諭をする。「金森学級には一人ひとりの居場所があって、楽しかった。学級内で誰かを傷つけるような言動を、先生は見逃さなかったし、絶対に許さなかった。私も先生のようになりたい」

 ある時、佐野さんが担任する学級でいじめが起きた。佐野さんは、金森さんに教わった1冊の絵本を児童たちと読み、いのちについて考えたという。「先生の教えが今も確かに生きています」(小河雅臣)

     ◇

 かなもり・としろう 1946年、石川県七尾市生まれ。金沢大卒業後、小学校教諭に。金森学級の1年間を取材し、2003年に放送されたNHKスペシャル「涙と笑いのハッピークラス」はバンフテレビ祭(カナダ)で最優秀賞を受賞。07年に小学校を退職し、08年から北陸学院大教授。社会科や生活科の授業づくりを講義。著書に「太陽の学校」「いのちの教科書」「希望の教室」など。


アサデジより転写


いのち!と ???


[PR]
トラックバックURL : https://tomo333.exblog.jp/tb/27609279
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by tomoyoshikatsu | 2017-03-05 09:16 | 教育 | Trackback | Comments(0)