長期政権に飽きてない、、、、

f0300216_06332402.jpeg

首相の安倍晋三が4日に訪れた三重県伊勢市伊勢神宮には青空が広がっていた。日の丸旗を手にした参拝者らが声を掛ける。「首相、がんばってください」「日本をよろしくお願いします」。安倍は笑顔を絶やさず、小走りで駆け寄ってハイタッチで応じた。

 この日、2018年最初の取引となる大発会を迎えた東京株式市場は、日経平均株価が700円超上がり、約26年ぶりの高値をつけた。安倍は年頭会見でも上機嫌だった。「相場の格言に申(さる)酉(とり)騒ぐ、戌(いぬ)笑うという言葉がある。戌年は人々が笑顔に包まれる」

 株価の上昇は政権にとって最大の武器だ。

 副総理の麻生太郎は昨年11月、安倍に1枚の紙を渡した。トップは安倍の大叔父・佐藤栄作の3・07倍、次いで中曽根康弘2・87倍、3位が安倍の2倍強。首相在任中の日経平均株価の伸び率ランキングだ。経済の好調は長期政権につながることを歴史は示す。「できるだけ長く政権を維持し、株価を上げましょう」と麻生が語りかけると、安倍は応じた。「(佐藤のように)3倍を超えたいですよね」

 昨年前半、安倍は追い詰められていた。森友・加計(かけ)学園問題が政権を直撃。「問題を引きずって政権運営はできない。もう1回国民から信任を得て堂々とやりたい」。夏休みを終えた8月下旬、局面打開をめざす突然の衆院解散を官房長官菅義偉に打ち明けた。

 衆院選は野党分裂に助けられて自民党が大勝。安倍は「同じ総裁のもとで3回続けて(衆院選で)勝利を得たのは、立党以来60年余りの歴史の中で初めて」と誇る。今秋の自民党総裁選での3選に向けて大きく前進した。

 不安材料もある。

 「おごり緩みだけでなくて、全国で感じたことは飽きですね」。衆院選後、筆頭副幹事長の小泉進次郎は指摘した。同時期に実施した朝日新聞の世論調査で、今後も安倍に首相を「続けてほしい」が37%なのに対して、「そうは思わない」は47%。安倍続投を望む声が圧倒的だった3年前から大きく変わった。

 通算で6年近くになった戦後3番目の長期政権には、有権者からの「飽き」という難敵が迫る。

     ◇

 飽きとともに政権のアキレス腱(けん)となりかねない要素がある。敵と味方を峻別(しゅんべつ)し、トップダウンでことを進める安倍の政治手法だ。

 情の厚さは、周囲のだれもが認めるところ。第1次政権では「お友達内閣」と揶揄(やゆ)されるほど、自身に近い人材を重用した。

 しかし、時に戦闘的な面が顔を出す。趣味のゴルフでも「ショートになるより、オーバーが多い。どんどん狙っていくタイプ」(首相周辺)。憧れる政治家の一人は、歯にきぬ着せぬ発言で知られる元東京都知事石原慎太郎だ。「永田町にも霞が関にも世論にも挑戦的で、何でも言いたいことを言いながら全てを手に入れている」と言う。

 昨年7月の東京都議選ではヤジを飛ばす有権者に「こんな人たちに負けるわけにはいかない」と声を張りあげた。政権復帰以降、特定秘密保護法安全保障法制など国論を二分する法律の採決強行を重ねる。その振る舞いが、支持層と不支持層との間の深い分断を生んでいる面は否めない。

     ◇

 昨年11月、安倍は首相官邸で昼食を食べながら秘書官らにこう打ち明けたという。「もう解散権を行使することはない」。首相周辺は総裁3選をめざすのは、長く首相を続けるのが目的ではないと言う。さらなる時間を求めるのは祖父で元首相の岸信介が成しえなかった憲法改正を実現するためにほかならない。

 今月8日、地元・山口県下関市であった新年会。安倍は郷里の偉人である吉田松陰の「栄辱によって初心に負(そむ)かんや」という言葉を引用して意欲を示した。「栄誉や恥辱に負けて初心を忘れてはならない。今年一年この言葉をしっかりと胸に刻んで、力強く一歩一歩前進していきたい」

 安倍にとっての「初心」とは憲法改正なのだ。

 ただ、憲法改正は最終的に、国民投票で過半数の賛同を得なければ成就しない。仮に自民党員の支持を受けて3選を果たし、改憲案の発議にこぎつけても、有権者が二分されたままでは、国民投票で否決される可能性が残る。

 側近で首相補佐官の衛藤晟一は安倍にこう求める。「強いリーダー型から全員参加型へ。ぼちぼち、人のいいお父さんタイプになってもらいたい。イメージの大転換をしないと改憲はうまくいかない」。安倍も最近、発言の前に「なるべくイライラしないよう、4回吸って8回で吐く」ことを心掛けているという。

 それでも安倍は改憲へアクセルを緩めない。安倍の強い意向を受け、自民党は22日召集の通常国会で議論を加速させる。改憲を押し通そうと前のめりになるほど反発は強まり、3選、そしてその先にある改憲実現のシナリオを狂わせるというリスクを抱えたままで。=敬称略(岡村夏樹)



角界の「 傷害事件 」は このまま 蓋をするのでしょうか???

減給で済まされる!2横綱、、、、???

解説者 等が 批判する 横綱の「 張り手 」を、、、事もあろうに

「 横審・会長 」は 容認するコメントを発表した!!!

【 カヌー 】では、、、アレ!!!

プロフェッショナル・アマチュア、とは云え

Sports Manですからね、、、

「 正々堂々 」の 精神である!!!事を望みますよね!臨むべきである!!!!


『 政治家精神 』とは?????

嘘をつく事!

知らんぷりする事!

仮病を使う事!

漢字は読めないほうが良いコト!

不倫・浮気で 辞職しない事!!!

国民を欺いて

支持者には 詫びる事!!!

mediaを守ること

叩く事!!!

常に 低姿勢で振る舞い( あそこに )

国民負担を強いる事!!!

任期を守らない事!!!


税金欲しさに!合併・解体をする事!

票どりに ムチタレント?を擁立する事!!!


。・°°・(>_<)・°°・。

( ´Д`)y━・~~

(΄◉◞౪◟◉`)


[PR]
トラックバックURL : http://tomo333.exblog.jp/tb/29216723
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by tomoyoshikatsu | 2018-01-11 13:33 | 政治 | Trackback | Comments(0)