「 焼き場に立つ少年 」と 峠三吉 「 原爆 詩集 」

f0300216_20042778.jpg

f0300216_20040806.jpg

 原爆投下後の長崎で、亡くなった幼子を背負う「焼き場に立つ少年」。撮影した米国の従軍カメラマン、故ジョー・オダネルさんの妻が夫の生涯をたどり、長崎原爆の日の9日に著書が出版された。「投下した側」でありながら、投下は過ちと訴え続けた足跡を写真と共に追っている。

 オダネルさんは被爆後の広島、長崎などで、私用カメラを使って約300枚を撮影。フィルムは封印していたが、1989年に反核の思いが込められた彫刻像を見たのを機に、「核戦争を繰り返さないことにつながるなら」と写真展を開いた。原爆正当化論が根強い米国で批判に耐え、2007年、8月9日に85歳で亡くなるまで各地で写真展を開き、戦争反対を訴えた。

 本は「神様のファインダー 元米従軍カメラマンの遺産」。掲載されている13枚の被爆地の写真で、著名な「焼き場に立つ少年」について、幼子を火葬にする少年の様子をオダネルさんはこう記す。

 「炎を食い入るように見つめる少年の唇に血がにじんでいる」「少年があまりきつくかみ締めているため、血は流れることもなくただ少年の下唇に赤くにじんでいました」

 妻で米在住の坂井貴美子さん(56)が2年ほど前に出版社の打診を受け、オダネルさんの遺志を尊重して、応じた。坂井さんは取材に対し、「人間の存在の原点を、占領者としてではなく同じ人間としてカメラに収めている」と表現。そして核廃絶へのメッセージとして、こう語った。「ただ『忘れない』ということが大切と思う」。

 A5判192ページ。いのちのことば社(03・5341・6920)刊。(宮崎園子

f0300216_20074122.jpg

f0300216_20075200.jpg

何度目でしょうか………

この「 少年 」を 載せたのは……

勿論、1番上の 少年もね!!!!!

裸足 …………

……………………………


f0300216_20080122.jpg

アサデジより!!!

アメリカにも 「 原爆 」を 悪かった!

…… そう…… 云って 詫びる人がいる( 居た! )
真珠湾攻撃!!!!!

を したのは 日本人!!と 云う人が 多いでしょうね???

12月8日……………

………… アノ 行為を!、、、、、

どれだけの 政治家が { 悪かった! }と 云うでしょうか???????

…………………………………

…………………

歴史認識を示す!!!

峠 三吉 「 原爆 詩集

吉永小百合 さん 朗読を何回か載せてます( 昨年、一昨年、、、 )

防空壕で 産気づく 妊婦 ………

産婆が とりあげる ………

………… 産声をあげる ………

乳児

誰かが ………… 、、、、、、

想像はつきません、、、
NET 、、で、、、、、、、

吉永小百合 さん 朗読の 「 原爆詩集 」で 聴けると思います

坂本龍一 さん との「 London 講演 」等も ………





[PR]
トラックバックURL : http://tomo333.exblog.jp/tb/28037984
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by tomoyoshikatsu | 2017-08-11 12:15 | 反核 | Trackback | Comments(0)