銀の折り鶴、被爆死した友へ と!……… 私です、、、、、

f0300216_18071364.jpg

銀の折り鶴、被爆死した友へ 彫金師「最後の仕事に…」


 8月初旬、西川美代子さん(80)=長崎市=のもとに贈り物が届いた。ケースに収められた銀細工の折り鶴が2羽。原爆で命を奪われた兄の同級生だった彫金師、周防勇さん(84)=東京都板橋区=が慰霊の思いを込めて作った。被爆72年の9日、長崎と東京でともに祈りを捧げる。


 指先ほどの大きさで、精巧に作られたピンクとゴールドの鶴。贈られたのは、西川さんと山口ケイさん(77)姉妹。思いがけない品に驚いた西川さんは、すぐに仏壇に上げた。兄の谷﨑昭治さん(当時13)に「良かったね。ありがたいね」と伝えたかった。

 昭治さんは当時、爆心地から800メートルの旧制瓊浦(けいほ)中学の1年生だった。遺骨は見つかっていない。2015年に長崎市であった原爆写真展で「黒こげの少年」の写真を見た姉妹は、少年を昭治さんと直感、「兄だ」と名乗り出た。

 その話は昨年、新聞やテレビで報じられた。周防さんは心を揺さぶられた。昭治さんとは瓊浦中の同学年。「自分は生きのびた。何かしなくては」

 あの日、学校で英語の試験を受けていた。帰宅途中に三つの落下傘が落ちてくるのを振り返って見つめた。前を向いた次の瞬間、左から熱線が襲い、左半身が焼かれた。5日後には危篤状態に陥ったが、翌日に意識が戻った。「今でも生きているのが不思議なくらい」。約300人の同級生のうち、昭治さんら114人が亡くなった。

アサデジより!!! 後半カット

f0300216_18132525.jpg

f0300216_18133687.jpg

 少女がうつろな表情でたたずむ。足元には黒こげになった遺体。長崎に原爆が落とされた翌日、日本軍の報道部員だった山端(やまはた)庸介氏(1917~66)が撮影した写真だ。写っていた少女は、戦後も多くの苦労を重ねながら、72年間を強く生き抜いてきた

 少女は龍(りゅう)智江子さん(87)=福岡県大川市。当時15歳で、女学校の生徒だった。自宅があったのは、長崎市浜口町(現・川口町)。爆心地から約300メートルという至近距離だった。

 別の場所で被爆した龍さんは、翌日、父庄太郎さんと自宅に戻った。あたりは焼けてなくなっていた。あちこちに転がる遺体を越えて歩いた。自宅跡には、亡きがらが横たわっていた。遺体の腹に、母サダさんの着物のような布地がわずかに残っており、母に贈った髪留めが付近にあった。

 「その場に立つと悲しいとかじゃないんですよね。涙も出ない。動転しとったでしょうね。どうして生きていこうか、って」

 その自宅跡に立つ龍さんを撮影したのが、山端さんだった。龍さんは50年後、テレビ局の取材で初めてこの写真を見た。長崎原爆資料館にも展示されている。「もう二度と戦争はあってはならん。人殺しですもんね。悲しいです」と語る。

アサデジより!!! 後半カット


f0300216_18210947.jpg


 長崎原爆の死没者名簿に今年、書き加えられる名前は3551人。7月末までの1年間に死亡が確認された人たちだ。原爆による死没者は、合わせて17万5743人になる。

 このうち、原爆投下の日に亡くなったことが今年はじめて確認され、名簿に記載されたのは4人。「三才」「六才」「二十五才」「三十八才」。死亡の日付には「(昭和)二十年八月九日」の文字が並ぶ。

 長崎市原爆被爆対策部調査課の調べで、原爆による死が判明した人たちだ。

 3歳の男の子は、市の被爆者動態調査で過去の書類を精査する中でわかった。一家でこの子の名前だけが名簿になかったが、爆心地近くで両親と一緒に亡くなっていた。戸籍を調べると「8月9日11時ごろ」が男の子の死亡日時で、爆心地近くで死亡したと書かれていた。すでに原爆死没者名簿に記されている両親と同じ場所、同じ時間だった。

 38歳の軍属の男性は、親族からの問い合わせをもとに調べ、被爆による死が確認できた。爆心地付近で「戦死」していたことが、厚生労働省が保存する軍歴証明で判明。「新型爆弾の投下により死亡」とされていた。



長崎平和宣言・賛同 と 拡散をお願いします


[PR]
トラックバックURL : http://tomo333.exblog.jp/tb/28037752
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by tomoyoshikatsu | 2017-08-11 08:06 | 反戦 | Trackback | Comments(0)