ナガサキノート & 第五 福竜丸



 63年前、太平洋のビキニ環礁で米国の水爆実験に遭遇した静岡県焼津市のマグロはえ縄漁船・第五福竜丸。改修を経て、いまも核被害のおそろしさを伝え続ける船の内部の撮影が13日、特別に許された。建造から70年。傷みは目立つが、当時のままの姿も残っていた。

 夢の島公園(東京都江東区)にある第五福竜丸展示館に入ると、見上げるほどの船が目に飛び込んでくる。ペンキがはがれ、外板(がいはん)は傷だらけ。「木造船の寿命は15~20年。敗戦直後から、現存している木造船はおそらく福竜丸だけです」と主任学芸員の安田和也さん(64)は話す。

 脇にある階段を上るとフェンス越しに甲板が見えた。高さは約3メートル。安田さんの案内でフェンスをくぐり抜け船の中に入った。老朽化しており、保存のために見学者には公開されていない。

 船底にある魚倉は四つ。被曝(ひばく)した1954年当時は木造船には冷蔵施設がない時代で、氷をぎっしり詰め込んで出航したという。一部の壁には断熱材が見え、クーラーボックスのような構造だったことがわかる。木造だった魚倉のフタは鉄製に替わっていた。

 福竜丸は3度、改造と改修を繰り返した。「はり」などの役目を果たす梁曲(りょうきょく)材(ざい)は建造時のままだが、どれも朽ち果てて黒っぽい。魚倉とエンジン室を隔てる壁は木材がやせ、釘が飛び出していた。

 急傾斜の階段を上がり、操舵(そうだ)室へ。船を操縦する舵輪(だりん)はなかったが、海図を広げる台は残されていた。無線室はほぼ当時のままで、無線機のそばには小さなベッドがあった。大人の男性が足を伸ばすのは難しいほどのサイズ。被曝で死亡した久保山愛吉さんは、ここで働いていた。

 甲板にはいくつもの浮き玉(ビン玉)が展示され、マグロ漁の面影をとどめる。放射線検査をした東京大学の倉庫に残されていたという。

 福竜丸の全長は約30メートル、総トン数は140トン。当時としては大きな方だった。カツオ船として47年に造られ、4年後にマグロ船に改修されて太平洋へ。被曝後は国が買い上げ、大学の練習船「はやぶさ丸」として再出発した。老朽化で廃船になり、ごみ処分場だった夢の島に放置されたが、保存運動が高まって76年、都が展示館を開いた。

 安田さんは言う。「福竜丸は平和遺産でもあり、産業遺産でもある。70年を記念に貴重な木造漁船としての側面を知ってほしい」

 同館(03・3521・8494)では、木造船の建造過程を伝える企画展を10月9日まで開催中。7月23日午後2時から、福竜丸を改造した木村九一さん(85)=三重県伊勢市在住=が船大工の技を披露する。入館無料。(西村奈緒美)

     ◇

 第五福竜丸の被曝〉 1954年3月1日、太平洋のビキニ環礁周辺で操業中に米国の水爆実験に巻き込まれ、乗組員23人が被曝。半年後に無線長の久保山愛吉さんが亡くなった。「ビキニ事件」「第五福竜丸事件」と呼ばれ、広島、長崎への原爆投下に次いで原水爆禁止運動の原点になった。第五福竜丸展示館によると、54年3~5月に行われた一連の水爆実験の影響で船体や乗組員、漁獲物などに放射能汚染が見つかった日本漁船は、船名がはっきりわかっているだけで856隻あるという。


まで しばらく…… TOPにおきます、、、、、




[PR]
トラックバックURL : http://tomo333.exblog.jp/tb/27971575
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 長崎人 at 2017-07-14 14:41 x
長崎の人達に限らず、広島も…関東も、沖縄!東北地方も……原爆……爆弾を落とされてます❗
平和を…知るには、戦争!が…起こらないと?!感じとれないのでしょうか………?
Commented by tomoyoshikatsu at 2017-07-15 06:03
コメント ありがとうございます

………… いわゆる、、、、「 平和ボケ? 」が多いんでしょうね〜?????
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by tomoyoshikatsu | 2017-08-01 07:12 | 反核 | Trackback | Comments(2)