530 sievert !!!!!

f0300216_03043322.jpg

 炉心溶融事故を起こした東京電力福島第一原発2号機は、原子炉圧力容器の外側でも毎時530シーベルトという高い放射線量だった。人が近づくと死に至る強さで、調査用ロボットを入れる予定だった場所は高熱で穴が開いていた。想像を超える高い放射線量とひどい損傷で、廃炉作業の困難さが改めて浮かび上がった。

 2号機の内部では1月30日、溶け落ちた核燃料の可能性がある黒い塊が撮影された。東電がこの画像を調べた結果、内部の様子が明らかになってきた。

 原子炉圧力容器の底部には制御棒の駆動装置などの機器やケーブルが見える。機器や足場には、燃料や部品などが溶けて混じり合ったとみられる黒っぽい物質がこびりつき、水がしたたり落ちていた。

 東電によると、毎時530シーベルトという放射線量は運転中の原子炉圧力容器内と同程度の放射線量にあたるという。これまでは事故後の2012年、2号機の格納容器内で毎時73シーベルトが観測されたのが最高だった。

 専門家が注目するのは、530シーベルトという値が、原子炉圧力容器を支える円筒状のコンクリートの外側で推定された点だ。溶け落ちた燃料が原子炉圧力容器の直下だけでなく、広範囲に広がっているのではないかと危惧する。

 米スリーマイル島原発事故の解析をした、社会技術システム安全研究所の田辺文也所長は「溶けた燃料が原子炉圧力容器から落ち、大量に外に出ている可能性がある」と話す。

 東電は廃炉にかかる期間を30~40年とし、溶け落ちた燃料の取り出しを21年に始めるとしてきた。燃料の取り出し方法もまだ決まっていない。田辺さんは「溶けた燃料がどこにどれだけ、どんな形であるかも分からない。ロボット調査も見直す必要がある。廃炉の作業はさらに時間がかかる」と話す。(香取啓介、佐々木英輔)

アサデジより!!!


[PR]
トラックバックURL : http://tomo333.exblog.jp/tb/27502677
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by cocomerita at 2017-02-05 07:45
ciao tomoさん
は~~~~
これでも アンダーコントロール
東京オリンピック まだやろうと 思ってるんでしょうかね、、
彼らの思考は完璧にアウト オブ コントロール
狂気です
Commented by tomoyoshikatsu at 2017-02-05 08:26
coco さん コメント ありがとうございます

専門家でない限り、「 数値 」に 無頓着な「 人たち 」が 多すぎますからね

あの日から、「 7年 」…… 震災、原発事故、コレは 過去のモノ!になってしまっているのでしょう

「 東京 オリンピック 」は、、、安倍総理!小池知事!は 政治生命をかけて 決行するでしょう
使う金よりも! 「 入る金 」を 放送局に「 圧力 」( お得意の、、、 )をかけるはずです

何か、「 事 」が 起きても【 想定外 】で逃げる連中ですから!
小さな出来事は、二度と起きないよう「 善処 」致します、

情報コントロールは お手のものでしょう!
NHKを 黙らせてます、日テレは「 支配下 」、、、
他局も、、、対して 大差なし、、、、

朝日は、原発の事には 結構突っ込んだ取材をしています
なので、コレは 貼り付け!だけですませました
Commented by cocomerita at 2017-02-05 20:31
ciao tomoさん
記事上で リンク ご紹介させていただきました
事後報告でごめんなさい
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by tomoyoshikatsu | 2017-02-04 21:17 | 脱原発 | Trackback | Comments(3)