「 ちいさな命 」……… どうして守る

f0300216_07433628.jpg

■小さないのち 奪われる未来

 重大な虐待事件が起きると、自治体は再発防止のために「検証報告書」をつくる。だが教訓は生かされず、似たような事件が各地で繰り返されている。

f0300216_07435386.jpg

なっちゃんが一人で歩いたとみられる国道。

当時の自宅から祖母宅まで約7キロ。
記者の早歩きでも1時間ほどかかった

f0300216_07441855.jpg



 「 ばあちゃん、ばあちゃん 」。なっちゃんと呼ばれていた当時4歳の女の子が照れるように玄関に立っているのを見て、祖母(63)は驚いた。兵庫県三田市の自宅から祖母の家まで7キロの道を一人で歩いてきた。2009年春のことだ。

 なっちゃんは継母から「 どこでも好きなところに行け 」と言われたという。祖母は「 小さな子を一人で出してどういうことだ 」と思い、虐待の疑いがあるとして、市に相談した。

 なっちゃんは2歳の時に実母を病気で亡くし、しばらく祖父母に預けられていたが、父親の再婚を機に、父と継母のもとで暮らすようになっていた。

 親族や自治体への取材、裁判記録、県の検証報告書などによると、なっちゃんは何度も虐待の「 サイン 」を発していた。

 09年夏、なっちゃんのほおにたたかれた痕があるのに幼稚園が気づいた。虐待があったとして、県が管轄する児童相談所( 児相 )が一時保護したが、1カ月ほどで自宅に戻した。預かり時間が長い保育所に通わせて継母の育児の負担を軽くし、見守ることにした。

 その保育所も、顔などのあざや傷に3度気づいたが、日常で起こったけがだと判断し、すぐに市に知らせなかった。

 そして09年11月、なっちゃんは自宅で倒れて病院に運ばれ、5日後に亡くなった。5年と3カ月の命だった。死因は急性硬膜下血腫による脳機能障害。継母は暴行を否定したが、裁判では頭に強い衝撃を加える暴行があったと認定された。

 翌10年、県の児童虐待防止委員会が事件の検証報告書をまとめた。なっちゃんのあざや傷などの情報が市や児相に十分に伝わっていなかったとして「 どんな小さなけがでも市や児相は保育所から正確な情報提供を求める必要がある 」などと指摘した。

 だが、虐待の疑いがあると真っ先に市に相談していた祖母は、県から事情を聴かれることはなかった。祖母はさまざまな異変に気づき、幼稚園にも「 変わったことがあれば教えてほしい 」と見守りをお願いしていた。報告書はこうした経緯には触れていない。

 祖母が暮らすマンションの部屋には、なっちゃんの写真が並ぶ。外出をする時も寝る時も声をかける。「 なっちゃんはいっぱいSOSを出していたのに、周りの大人たちが救えなかった。何が起きていたのか報告書で丁寧に検証してほしかった 」

 報告書がつくられて1年もたたない11年6月、同じ兵庫県姫路市で、保育所や行政の連携不足が指摘される事件が起きた。2歳の男の子が母親の交際相手に転ばされたうえ、上半身を強く揺さぶられて意識不明の重体になった。このときも、男の子が通っていた保育所が頭や足のけがの痕に3回気づいていたが、防ぐことはできなかった。

■教訓、生かされたケースも

 虐待事件の検証が十分に生かされていない。福岡市では09年、生後7カ月の男児が育児放棄( ネグレクト )で亡くなった。男児は乳幼児健診を受けておらず、家庭訪問でも会えていなかった。これを教訓に市は、未受診の家庭を保健師が訪問し、原則2度会えなければ情報を他の関係部署とも共有して対応するなどのルールをつくった。

 こうした改善策は全国に広がらず、未受診の子が虐待の被害に遭う事件はその後も続いた。11年に、健診に来なくなった青森県の6歳男児が父親の暴行で死亡。県は13年、未受診の子の情報収集を強化するよう市町村に呼びかけた。

 神奈川県厚木市でも14年、同じように健診を受けなくなった男児が白骨化した遺体で見つかった。父親のネグレクトで5歳ごろ死亡し、7年以上たっていた。

 一方、検証の教訓が、情報共有の新たな仕組みに生かされたケースもある。

 和歌山県で13年、父親が2歳の男児に暴行を加えて死亡させた事件。父親は11年にも男児への傷害容疑で逮捕され、男児は児相に保護された後、乳児院に移されていた。だが父親が不起訴処分になった約1年半後、児相は親子関係が良くなったとみて親元に戻した。事件はその直後に起きた。

 和歌山地検は11年の事件について、「 常習的に行った証拠がない 」として不起訴( 起訴猶予 )にしていたが、児相は「 虐待の事実が明らかでない 」と誤って判断していた。児相は地検に理由を聞いておらず、検証報告書では「 児相が適切な判断を行うには捜査情報などを得ることが望ましい 」と指摘された。

 これを受け、県は法務省に虐待防止のために捜査情報を児相に提供するよう要望。同省は14年、児童虐待事件に関する捜査の経緯や不起訴処分の理由などを児相に情報提供するよう全国の検察に通知した。(五十嵐聖士郎、山本奈朱香)アサデジより!!!

     ◇

 「小さないのち」への声をお寄せください。メールasahi_forum@asahi.comメールするか、ファクス03・5541・8259、〒104・8011(所在地不要)朝日新聞オピニオン編集部「小さないのち」係へ。



【 家裁 】『 児相 』そして 《 警察 》の{ 三バカ }に 腹立たしく思うのは …… ごく、普通の事だろう ………… !!!

児相 が 「 権力 」を持ったにしても …… 何処まで踏み込めるのか ???

警察は「 事件性 」迄 ??? 動かない ……… !!!…… ?????

家裁 ……… 此処は、、、如何なのよ(−_−;)!!!

…………… 最後は「 近所 」の 『 眼 』で 「 監視 」( 疑わしき、、 )するコトから始まる ………

『 町内会 』にも 入らない …… 「 カテイ 」を如何して 見守るか( 子供達 )、、、此処に 「 母親 」への DVも加わると…… 行き場が無くなる( … 狭くなる )


チョット前の「 はなし 」なのだが ………

『 息子 』を 母親の処に 〈 行かせている 〉と……… 云っておいて、、、

自分は その母親に【 虐待 】されたんだと 語った、、、「 息子 」は 祖母に、、、出て行け、と云われて …… メールをよこした( 母親に )、、、、

迎えに行く、そう云って ……… 店を出て行った、、、、

数時間後「 ケガをしたから、、、、 」とのメールが 届いた、、、( 殴られた!とメールにあった )

しかし ……… 真意は解らない( 頻繁に “ うそ ” をつく コト で ………… )


今日は何の日



f0300216_17573967.jpg


 「 おじさんが弟を殴ったり蹴ったりした 」。三重県の中学生の姉が学校で担任に告げた。

 小学1年の弟への虐待の疑いがあるとみて、その夜、学校から連絡を受けた児童相談所( 児相 )の職員と警察官3人が家に向かった。布団で寝ている弟の姿を玄関から見て、その場を離れた。翌朝、弟が意識不明になっていると姉が110番通報した。

 弟は児相職員が訪れた日の午前、姉が「 おじさん 」と呼ぶ母親の交際相手の男から激しい暴行を受けていた。男は逮捕され、弟には重い障害が残った。

 事件から半年後の2010年秋、三重県はその経緯を分析した「 検証報告書 」をまとめた。事件の数カ月前から弟の腕の傷痕や、姉が顔面を腫らして登校するなどのサインがありながら、一時保護などの対応が取られず、虐待を止められなかった経緯が書かれている。

 報告書では「 結果論だが、訪問から救出までの約12時間が持つ医学的意味は小さくない 」と、児相職員らが訪問時に異変に気づけなかったことで、弟の症状が悪化した可能性を示唆している。ただ、なぜ弟の安全を直接確認せずにその場を離れたのか、などの詳しい分析までは書かれていない。

 弟は今、12歳になった。障害児施設で寝たきりの生活を送っている。

■兆候つかんでも確認不十分

 死亡や重体など重大な児童虐待187事例について、全国の自治体が09年4月~16年9月に作成した検証報告書を朝日新聞が集め、専門家の助言を受けながら分析した。報告書の多くは公表されているが、非公表のものは情報公開請求などで取り寄せた。

 その結果、自治体や児相などが事前に虐待の兆候をつかんでいたケースが144件あり、その4割超の64件で「 家庭訪問したのに子どもに会っていない 」「 電話だけで訪問せず 」など、虐待を受けていないかどうかの確認の不十分さが指摘されていた。

 連携不足も指摘されている。自治体内で生活保護担当の職員は虐待の当事者の親子に会っていたのに虐待担当は会えていなかったり、虐待のリスクが転居先の自治体に伝わらなかったりと、行政内の連携不足は全体( 187件 )のうち114件にのぼった。

 病院や学校、幼稚園などが子どものあざなどに気づいていたのに、県などが管轄する児童相談所に連絡がないなど、関係機関どうしの連携不足の指摘も全体のうち72件あった。

 「 児相の専門性が乏しかった 」「 マンパワー不足 」などの指摘も目立った。

 187事例で死亡した被害児童は少なくとも172人( 年齢不明の11人含む )で、0~3歳が97人と全体の半数強を占めた。児童虐待防止法では「 心身に著しく重大な被害を受けた事例の分析 」を自治体に求めている。厚生労働省の統計では09~13年度に虐待で亡くなった子どもは444人で、死亡事例だけみても半数超が検証されていない。


[PR]
トラックバックURL : http://tomo333.exblog.jp/tb/26420830
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 長崎人 at 2016-10-18 15:10 x
こんにちはー🎵

血の繋がり、だけが家族ではない!と…云う人も少なくない!

他人の…子供でも…あんなに可愛い子供を殺せるでしょうか?

解りません‼解りたくもないけど…!
Commented by tomoyoshikatsu at 2016-10-18 18:08
コメント有難うございます

家族の在り方は【 血 】だけでは無いですよねぇ〜 〜

何故、純粋無垢な子供を 殺められるのか、、、、(−_−;)

解りません!!!
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by tomoyoshikatsu | 2016-10-17 01:41 | 政治 | Trackback | Comments(2)