「エキサイト公式プラチナブロガー」スタート!

f0300216_06081293.jpg

国際平和シンポジウム(7月30日、長崎市

対談、1・2 を先に読んでください( 初めての方 )

 司会 朝日新聞は被爆70年を迎えた昨年、全国アンケートを行いました。5672人から回答を得ました。切通さんのお母様の狩野美智子さんも回答されたそうですね。

 切通 そのなかで、現在に至るまで、自分の健康の心配、自分に子どもが生まれたらどうなるんだろうという心配、僕が生まれたときもすごく心配したと言ってましたから。

そういうことにさらされながら暮らしていくことですね。杉野さんのこれから話題になる映画とも関わるところでもあると思います。

 司会 映画「 おだやかな日常 」は、杉野さんが2012年に主演・プロデュースされた作品です。3・11のあとの原発事故を取り上げた作品で、どのような思いでプロデュースなさったんでしょうか。

 杉野 2011年の東日本大震災原発事故が起こったあとで、放射能の問題がすごく全国で取りざたされる中、東京に住む二つの家族が放射能に翻弄(ほんろう)されて、まわりと軋轢(あつれき)が生まれてしまう過程を描いている物語です。

2011年の6月くらいですか、震災の3カ月後くらいに、監督からお話がありまして、放射能で悩む物語を作りたいんだけれども、ご一緒しませんかというお話があったんです。

彼は当初、ほかの日本のプロデューサーの何人かにお話をしたそうなんですが、こういう放射能の話を映画化するのはタブーなのでやめてほしいということでした。

もしやりたいなら海外に強いプロデューサーとされた方がいいんじゃないかという話をされたそうです。

私はどちらかというと映画祭に強いプロデューサーですから、私にお話があり、読ませていただいたところ、すごく共感する部分が多くて、ご一緒しましょうということになりました。

 2011年6月から企画開発をして、12年1月から2月にかけて撮影した作品です。私にとっては、震災が起こって1年間は、本音を言えないなっていう感覚がすごくあったんです。

放射能が怖いのに、怖いって言ってはいけないような気がするし、原発に対する自分の考えも、人と話すことすらとがめられる空気がすごくあって、自分で感情を押し殺していた時期だったんです。

 私が演じるキャラクターが、劇中で感情を爆発させるシーンが2、3回出てくるんですが、感情を解放させることで自分の心が、魂がいやされる感覚があったんです。

演じながら身をもって実感したことがあって。この作品は自分にとっては本当に、自分が作った作品では一番実感がこもっているというか、大切な作品じゃないかと思っております。

 司会 3・11の原発事故ですが、切通さんのお母さまがブログを始められたのも、これが大きなきっかけだったようですね。

 切通 戦争が終わったときに被爆して1週間とたっていないわけですから、そのときまだ未成年で、大人ではなくて、世の中を動かす側には参加していなかったわけだから、ある意味、被害者ではあっても加害者とまではいかない。

けれども、結局原発という政策を認めている大人の一人で、福島のような原発事故が起きてしまったことは、新たな戦争責任じゃないですけど、そういう同時代認識というのが、突然突きつけられた、そういう感覚があったと思います。

 司会 話題は変わりますが、杉野さんの初の長編監督作「 マンガ肉と僕 」が今年全国で順次公開されました。女が男に嫌われるために太るというモチーフの小説を映画化したもので、ある意味、世相を切っていく内容と思うんです。今後、広島や長崎を正面から捉えた映画に取り組む気持ちはおありですか。

 杉野 弟が音楽活動というか作曲をしていまして、映画「おだやかな日常」やいろんな作品の音楽を作っているんですが、弟と一緒に広島をテーマにした音楽と映像を作っていけたらいいなということは話しています。

戦争や被爆をテーマにすると、どこか暗くて、どんよりとした作風になってしまうんじゃないかという印象を持たれると思うんですが、観客の方って、そういうのを見たくない方も多いと思うので、「 おだやかな日常 」は正面からドキュメンタリータッチのような手法で描いた作品なんですが、ちょっとまたちがったような作風で、広島をテーマにしたミュージカルとか、より多くの方に、子どもも見られるような作品を作っていけたらいいと考えています。

 司会 切通さんは本当にたくさんの本を書かれていまして、「 怪獣使いと少年 」「 宮崎駿の〈 世界 〉 」「 本多猪四郎 無冠の巨匠 」などなど、私も初代ウルトラマンとかゴジラで育った世代なので、たいへん興味深く拝見させていただいたんですが、作者の託された思いを含めて、今後切通さんが向き合っていきたいところをお話しいただけますか。

 切通 もともと僕は批評家として、映像の作り手にインタビューしたくて、その人たちの戦争体験を含めて、作品に何らかの反映されていたりということがあるんじゃないかっていうことが、自分の執筆の動機の一つだったんです。

よくよく考えてみたら、そういう自分とは遠い表現者の人の話を聞いていて、自分の親とかそういう人の経験って聞いていないなと、我に返る瞬間がいくつかありました。それが今回の本になったんです。

 まじめに過去を考えるとか戦争を考えるっていうより、怪獣が出てきておもしろいとか、そういう入り口から入って、逆にゴジラの怖さとか、倒すには最終兵器を使わないといけない、その最終兵器を開発した科学者が自ら死を選ぶっていう最初のゴジラのラストがあるんです。

全世界が核兵器の使用をとりやめたと原作者はそういうラストにしたんですけど、映画の監督がそれを変えて、ある科学者がこのゴジラが最後とは思えない、と。核実験を続けるかぎり、同類が必ずあらわれると予言して終わるんですね。

これはどういうことなのかと僕は思ったんですが、オバマ大統領の演説をみても、広島演説を改めて読みましたけれども、プラハ演説を読むと、広島より生々しい世界情勢が触れられていて、オバマ大統領は核ボタンをもって広島に入ってきているわけですよね。核っていうものを決して手放してはいない。

そういう人間が核軍縮を語るときには、他の国との緊張関係はやっぱりあって、どうして手放さないかといったら、それはあるときにいっせーのーせーでやめましょうって言っても、どこかの国がもっているかもしれない。

ほかの国が持たなくなったとたんに、1個持っている国が強くなってしまうわけですよね。寓話( ぐうわ )だけど、ゴジラの科学者が最後にとった選択、核の廃絶っていうのは映画のなかで、そうした答えを出してしまったら、あまりにも現実離れ、うそ八百じゃないかと思ったんです。

f0300216_06162733.jpg


これで終わりです………、数回載せてます、、、 まだ、【 核 】は 数カ国が 〔 保有 〕してます、、、

f0300216_06191159.jpg


我が国にも「 保有論者 」いますよね!!!

《 戦後生まれ 》の ……… ハズ! なんですが …… 【 好戦的 】な 人格者が 政治を司っている、、、

f0300216_06214092.jpg


この様な ヤカラを 引き摺り下ろすべきである!!!


[PR]
# by tomoyoshikatsu | 2016-08-28 05:59 | 反核 | Trackback | Comments(0)

台風 10号は …………

f0300216_22184921.jpg

 Uターンして本州に再接近している台風10号は、日本の南海上を北東に進んでいる。30日ごろに本州に上陸する可能性があり、気象庁は大雨や高波への警戒を呼びかけている。

 気象庁によると、台風10号は27日午後9時現在、南大東島の南東約370キロを時速15キロで北東に進んでいる。中心気圧は945ヘクトパスカルで、中心付近の最大風速は45メートル、最大瞬間風速は60メートル。29日夜には日本の東の海上へ達し、進路を北西に変えながら30日ごろに関東や東北に上陸する見通しという。

アサデジより!!!


月曜日 …… 火曜日 ……… 近づいてくる「 台風 」、、、、、備えてますか??? いつ来ても ……… 慌てない様に、、、しましょうね!!!


[PR]
# by tomoyoshikatsu | 2016-08-27 22:23 | 呟き | Trackback | Comments(0)

f0300216_06290507.jpg

週かけに、、、!!!

【 必需品 】…… 今日・明日中に 揃えましょうね

何処へ行くか 判りません!!!

天気予報は コマメニ CHECK!

できれば

テレビで「 進路 」確認をした方が良いですよね



[PR]
# by tomoyoshikatsu | 2016-08-27 16:28 | 呟き | Trackback | Comments(0)

 戦時中に投下され、私有地から見つかった不発弾。撤去時の防護壁や警備の費用を払うのは国か、自治体か、それとも土地所有者か――。大阪市から負担を求められた所有者が、支払いを不服として裁判を起こしている。「 戦争の遺物 」ながら責任の所在を明確に定めた法律はなく、自治体ごとに対応が分かれているのが現状だ。

f0300216_01181026.jpg

■支払い不服、提訴

 「 すぐに用意できる金額ではなく、頭が真っ白になった 」。大阪市浪速区の不動産管理業の男性(58)が所有する土地から米国製1トン爆弾が見つかったのは昨年3月。作業は自衛隊が実施したが、万一に備える防護壁の設置費など576万円を市から求められた。

 速やかな撤去のためいったん支払ったが、今年4月に市に返還を求めて大阪地裁に提訴した。「 今後、負担を求められて困る市民が出ないよう、適切な司法判断を待ちたい 」

 裁判で市は争う姿勢だ。民法の「 土地の所有権は土地の上下におよぶ 」との規定をもとに、これまでも土地所有者側に負担を求めてきた。市によると、これまで異を唱えられたケースはないという。

f0300216_01183020.jpg

 一方、今回の訴訟を機に、市は「 国の責任 」についても問う方針だ。吉村洋文市長は記者会見で「 不発弾の処理は本来は国が負担すべきだ 」と発言。7月、国に訴訟の当事者として参加するよう促す「 訴訟告知 」の手続きをとった。国は「 方針はまだ決まっていない 」としている。

■自治体の対応、まちまち

 費用負担のあり方は、各地で異なる。私有地から見つかった不発弾の処理実績がある自治体を取材したところ、東京都品川区浜松市宮崎市は自治体が負担。神戸市大阪府八尾市大阪市と同様、土地所有者側が払っていた。


 国の立場はどうか。不発弾について国は「 戦後処理の一環 」と責任を認めつつ「 住民の安全確保の観点から自治体にも責任がある 」(内閣府)との考え方だ。自治体が負担した場合は5割を特別交付税で支援する。だが、土地所有者が負担する場合は国による支援の仕組みがない。

 交付税とは別に費用の半分を援助する交付金制度もある。東京都東久留米市で不発弾が見つかったことを機に、1973年にできた。事前に地中の磁気探査をし、埋没した不発弾を処理する場合に利用できる。

 だが近年は活用する自治体がほとんどない。調査をせず偶然出てきた不発弾は対象外であることなどが原因とみられ、利用は毎年1~3件。昨年度の予算5100万円のうち支出はわずか1%、60万円だった。

■沖縄は例外、国が実質100%

 例外は激戦地となった沖縄県だ。74年に那覇市旧日本軍の不発弾が爆発、38人が死傷したことを契機に、75年から国が実質、全額を負担。迅速に処理を進める必要性が高いとして、特別な措置が取られている。昨年度の沖縄の処理件数は575件、計20トンで全国の半数近くを占める。県の推計によると、いまも2千トンの不発弾が残る。

 今年6月中旬、石垣市登野城の市街地にある畑では、業者が専用の探査棒で地表をなぞって、地中に不発弾がないかを調べていた。所有者の元公務員、上原正啓さん(65)はこの畑も含め、3700平方メートルの探査を県に依頼した。大阪市の対応について「 国どうしの戦争で落ちたもの。市民が費用を出すなんて信じられない 」と話した。

 15年ほど前から探査の現場管理をしてきた石垣市の建設コンサル会社員(55)も首をかしげた。「 出る時は集中する。費用が出せないので埋め戻します、と言われたら市はどうするんでしょう 」

■有識者「今も危険性ある」

 戦後補償問題に詳しい内藤光博・専修大教授(憲法学)は、不発弾処理についてルールが定まっていない点について、「 戦争被害は国民が等しく耐え忍ばなければならないという『 戦争被害受忍論 』をもとに、国が戦争責任という視点をあいまいにしてきたことが背景にある 」と批判。その上で「 不発弾は今も危険性がある。『 過去の政府による戦争政策の結果 』と片付けず、国がすべて費用を負担するべきだ 」としている。

アサデジより!!!!!


ご存知でしたか ???

テレビニュースで 映像を見ますが …… 【 費用 】に 関しては ひと言も云いませんからね、、、【 情報番組 】も ……… 同様

ですから ……… 「 コレ 」読んで 『 不公平 』を感じましたから…… 載せました!!!

個人的には 〔 自治体 〕が 払うべきだと 思いますよ!!! 【 直径先祖 】が 埋めた!と、確たる証拠!!!が 残されていたら 止むを得ず、、、ですけどねェ〜 〜

[ 日本軍 ]の 物!も ……… このように 自治体によって ばらバラ、、、まちマチ…… 何でしょうか ???

終戦間際 ……… 日本全土が 「 空爆 」を受けています ………… 沖縄から 本州全土、、、( 北海道も … )もしかしたら ……

あなたの敷地内!? 隣の ……… ?! 「 地震 」で 地割れ、地滑り、、、で 〔 シンカン〕を 刺激したら ………… 「 しんかん 」しますよねェ〜 〜 〜


[PR]
# by tomoyoshikatsu | 2016-08-27 15:16 | 呟き | Trackback | Comments(0)

人気イラストレーターの「にいち」さんがTwitterに投稿した、わずか4ページの漫画が「心にグッときた」「涙が止まらない」とネット上で話題になっている。発表からわずか2日間で、リツイート回数は4万回を超えた。

「石畳とひまわり」というタイトルのこの漫画は、8月20日に投稿された。お盆の後に帰省した青年と、彼の幼なじみの少女のやり取りを描いている。

ハフポスより!!!


なんとなく……… 刺激されました、、、😂

f0300216_06343981.jpg

続きは、、、クリックして


如何でしたか???………………


むかし ……… 読んだのに( 小説 )似ていると ……… ??????


[PR]
# by tomoyoshikatsu | 2016-08-27 13:33 | 呟き | Trackback | Comments(0)

■国際平和シンポジウム(7月30日、長崎市

f0300216_06031373.jpg

f0300216_18214956.jpg

対談 1← 初めての方は 此方を先に


 司会 切通さんはこのほど「 15歳の被爆者 歴史を消さないために 」(彩流社)を刊行されました。「 クラウドファンディング 」という手法で出されたということで、ちょっとご説明いただけますか。

 切通 母が長崎で工場動員の最中に被爆したんですけれども、そのことがずっと胸にありながらも、直接そのことを話すことはなかったんです。福島第一原発の事故後、もう一つとしては、自分が原爆の被爆者ということで、核をどう考えていくのか、平和をどう考えていくのか。原子爆弾が兵器として使用されたのは長崎が最後だけれど、その後にもう一つの被曝という問題は続いていて、そちらには警戒を怠っていたのではないかという思いがあって。母はもう80歳を超えており、過去に著述業をしていたけれども、集中力も続かない年代で疲れやすくなってきて、せめてそれでもできることは何かと考えた時、1日2時間くらいブログを書きはじめた。80歳を超えた人間がブログを始めることに、僕は驚いたんですが、それでも発信していこうというんです。新聞の原発の記事に目をとめるなどして、いちど本にまとめて、その後もブログを続けていたんですが、母は普通の人ですから、普通の人が書いたブログを本にまとめて出してもらうのは悪いと思っていました。

 現在の出版事情では1冊出してもらうのが限界かなと思っていたんですが、ある脚本家の人に近況報告として話をしたら、「 戦争を体験した人の話は貴重なものでやっぱり出す価値があるし、読まれる価値があるし、届ける価値がある。お母さんに伝えた方がいい 」と言われました。

そのことで僕は自分で「 このあたりまで伝わればいい 」とか線引きをしていたことに気がついたんです。

 本の執筆段階から「 こういう本を出したいと思っているんです。どうですか 」と世間に訴えて、興味を持ってもらえないかと思ったんです。

本1冊分の値段を先に払っていただいて、必ず本をつくって、( 応援してくれた方のお名前を印字した上で )その本をお送りしますということで始めたんですね。そうしたら、自分自身も親の戦争体験を聞きたかったけれども、もう聞くことができなくなってしまったという人からも応援をいただくなどして、本を作ることができたという経緯です。

 司会 今回の本は切通さんとお母さんの対談形式で進められています。それまで向き合ってお話をうかがう機会はあったんですか。

 切通 断片的に( 体の )どこに傷があるとか、もうちょっとで大出血してたかもしれないけど助かったんだとか、そういう話は聞いていたんですが。なんとなくですね、親の世代の戦争体験は、みなさんもそうかもしれないですけれど、親個人の体験と、例えば中沢啓治さんの「 はだしのゲン 」の漫画とか、漫画で読んだ被爆体験とか、戦争が終わった時に教科書に墨を塗らされたとか、そういういろんな人の体験をパッチワークしていて、ひとりの人の過去みたいな時になんとなく映り込んでいる。

でも、母の話を聞いてみると、特に母は3姉妹の長女なんですが、3姉妹で全く見てきたものが違うんですね。たとえば母は工場動員に行った、妹は工場動員に行かなくてすむ年齢だったとか。墨塗り教科書は、妹は見ていて、母は見ていないとか。姉妹でも3人の経験が全部違うんですね。そんなに3人で違うんだというのが非常に分かった。やはりひとりひとりの体験というのは全然違うし、その人の中でずっと生きている記憶も違うんだというのがわかりました。

 司会 お母様は長崎市の茂里町にあります三菱兵器工場で被爆なさったんですよね。

 切通 大橋工場というところと茂里町工場というのが爆心地からともに1・2キロずつ離れたところなんです。芥川賞作家の林京子さんは大橋工場で工場動員されて、そのことを小説にされているんですが、母はちょうど逆の1・2キロのところで被爆しているんです。

 司会 今回、タイトルの新刊本「15歳の被爆者」の「15歳」に込めた意味をお聞かせください。

 切通 ( 当時の )日本は日本以外の場所を植民地にしていたわけですけれども、( 終戦となった8月15日に )そこがなくなって、日本本土といくつかの島に限られるようになると伝えられたといいます。

石川啄木の詩の中に、ある一節があって、日本が領土を拡大していくという時の周辺の国の人がどんな悲しい思いをしているんだろうということに思い至らせるっていうきっかけが、いわゆる反戦的な人間であったわけでなくて普通の女の子だったけれど、普通の女の子の中に少しかげりがあって、それをポツダム宣言を聞いた時にそのことを思い出したと、母は鮮明に覚えているって言うんです。

15歳って、全くの子どもじゃないわけですよ。童歌を歌ってるというだけの子どもじゃないんです。

そういう意識が非常に鮮明で、子どもなんだけど、そういうことをキャッチする能力があった。その15歳を境に、勉強嫌いの母が勉強に目覚めていく。

戦前は女子が大学に行くことが一部の例外を除いてできなかったんですが、大学で勉強しようと思ったきっかけが、おそらくポツダム宣言の意味を知ったことがすごく大きくあると僕は思っています。「 15歳 」ってすごく意味があると思い、このタイトルにしました。

 司会 本のあとがきには、切通さんが映画「母と暮せば」をごらんになった時のことが書いてらっしゃいます。そのときのことをお聞かせいただけますか。

 切通 僕は映画監督の山田洋次さんが好きで、「 山田洋次の〈 世界 〉 」という本も過去に出しているんですが、新作の発表だということで、会場に行ったら、いきなり幕が開いて、吉永小百合さんがいて、すごく豪華な記者会見だったんです。

そこでタイトルが「 母と暮せば 」と明かされました。長崎に原爆に対する、繰り返しちゃいけないという思いを山田洋次さんが話してくださった。

 ちょうど母にこの話をしていたとき、母は少し懐疑的だったんです。被爆のことを平和への祈りとかいって映画にしたりコンサートにしたりするけれど、自分は行ったことがないという。

「 それは被爆してない人に見せれば良いんじゃないか 」と思っていたというのです。何となく抵抗がある、と。そういう被爆体験をもとにしたものに触れることに、母は、何となく後回しにしたい気持ちがあったんですよね。

 実際、映画が公開されたとき、母と見に行ったんです。そうしたら、吉永小百合さんが演じる母親と、親しくしている黒木華さん演じる学校の先生がでてきました。

実はその先生が、母と同じ茂里町工場に動員で行っていて、その日たまたま病気で休んで被爆死しないですんだと映画のなかで言うんです。

先生の級友が死んで、そのお母さんに会いに行ったとき、最初「 生きてて良かったね 」って抱きしめられたけれど、自分がその日は休みだったと聞いたとたん、つないでいた手を離された。断絶を感じて、自分の罪悪感みたいに思っていると語るのがその黒木華さんが演じる先生なんです。

映画では、吉永小百合さんが演じる母親の息子が被爆死するんですが、その黒木華さんが演じる先生の恋人だった。

生きている間に恋人だったんですが、霊となって現れるんですね。( 愛していた恋人が新しい人生を歩み出すことに )いろいろ葛藤はありますが、だんだんと、やっぱり生き残った恋人の幸せを考える、生き残った人の幸せを考えることが自分たち被爆して死んだ人間ができることなんじゃないかということを母親に語るシーンがあるんです。

その映画を見たときに、活字の本が敗北したなと思ったんです。

 ( 僕との対談の中で )母は「 記憶にふたをした 」という言い方をしているのですが、非常に淡々と、起きたことに語っているが、感傷的に高ぶることについては発言していないんです。だから、対談の中で、感極まって泣いたということは全然ないんですよ。

 

ところが、映画「 母と暮せば 」を見て帰って、その映画について雑談してたときに、突然母が泣き出したんですね。どういう涙だったのかというと、山田洋次監督が一つのファンタジー的手法を取り入れて、映画でしかできない手法を取り入れて、要するに、亡くなった人間の霊がいま生きている遺族である母親に会いに行き、生き残った人に対して、「 生きていて良いんだよ。新しい人生を歩んで良いんだよ 」という風に言ってくれたんです。

 僕は映画の力をすごく感じたんです。幽霊が出てきて、そういうことを言うことはあり得ない設定なんですが、だけどそういう設定に山田洋次さんがした意味がすごく分かったというか、現実には絶対それは誰もやることができないことを、映画という形にして示したときに、やっぱり、ある種の情動を刺激することがあるんだと、僕は思いましたね。

 司会 映画のお話が出ましたがどうですか、杉野さん。

 杉野 映画を作る上で常に葛藤はあります。たとえば、こういう戦争の話を映画化する際に自分はそういうことを語ったりとか、描いていく資格があるのかなということは常に考えてしまうんです。

常に、後ろめたさだったりとか、ためらいだったりとかがある中で葛藤しながら、それでもやっぱり作ることに意味があると思って作り続けてはいるんです。そういうことの繰り返しで映画を作っている。観客の方の反応があって、「 作ってくれてありがとう 」ということを言われるとすごくうれしかったりしますね。

【対談:3へ続く】明日の投稿で、、、、

アサデジ より!!!


[PR]
# by tomoyoshikatsu | 2016-08-27 05:33 | 反核 | Trackback | Comments(0)


おもしろいですかぁ〜 〜 ???

初回 …… 長野 四球、到 犠打ゲッツー (−_−;)

裏、連打、、、連打、、、で 6失点 ( 内海 KO )

慎之介 二打席連続弾、、、、

これから面白くなるんでしょうね?????

今夜は ( 19:30 )鷹の試合を 観れない

ハムは 敗けている のに ……………

これくらいにしておきます


&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&&



DeNA・山口 ー 巨人・大竹

中日・小笠原 ー 広島・黒田

阪神・青柳 ー ヤクルト・石川

楽天・則本 ー オリックス・ディクソン

西武・高橋 ー 日ハム・高梨

SoftBank・千賀 ー ロッテ・関谷


今夜は「 和田 」に 感謝!!!!!

あの国は …… WADA恨む?怨む???

追記!09:30 comment 無しです!


[PR]
# by tomoyoshikatsu | 2016-08-27 00:25 | BASE BALL | Trackback | Comments(0)

f0300216_08125999.jpg

オリンピックの名のもとに取り壊される住宅たち


7年前、ビラ・アウトドローモは、かつてその地名にちなんで名付けられたモーターレースのサーキット「 ジャカレパグア・サーキット 」( 現在はリオオリンピックのメイン会場「 オリンピックパーク 」 )の隣にある湖「 ジャカレパグア・ラグーン 」沿いにある静かな漁村にすぎなかった。

リオデジャネイロの風景に点在する他の数百のファヴェーラ( スラム街 )と同様に、ビラ・アウトドローモは、長い間自治体から認定されず、海外の急成長しているもっと裕福な都市では標準となっている必要最小限度の公共サービスさえも備えていない地区が多かった。

しかしそこに居住する600以上の世帯にとって、ビラ・アウトドローモはまさしく故郷だった。


「 ここは天国でした 」と、アウトドローモに20年間以上住んできた、ルイス・クラウディオ・シルバさんは言った。

「 私は残りの人生の間、ずっとここに住み続けるつもりです 」


2009年、国際オリンピック委員会(IOC)は、リオデジャネイロを開催都市に指名した。指名当時にアウトドローモに住んでいた世帯のうち、今残っているのはわずか20世帯ほどだ。2009年、国際オリンピック委員会( IOC )は、リオデジャネイロを開催都市に指名した。

ビラ・アウトドローモのコミュニティーは、オリンピックパークから1マイルも離れていない距離にあり、リオ市がオリンピック会場と繋がる新しい連絡道路を建設できるように取り壊された。


ブラジルと世界中のメディアの支局が、何年間もこの苦境に立たされた家族を報じてきた。

メディアはリオ市関係者がした約束について、読者に伝えていた。オリンピック開催中もアウトドローモの住人はこの場所に住むことができ、むしろオリンピック効果で地域が改善される、というものだった。

その後メディアは、政治家がどのようにその約束を破ったかについて報じた。

つまり、どのようにしてリオ市が、アウトドローモの住人の大半を、強制的に立ち退かせたのか、どのようにして警察が、立ち退きに抗議した人々を取り締まったか、

どのようにしてブルドーザーが、シルバさんのような人々の家を跡形もなく破壊したのか、といったことだ。3月、シルバさんが妻のために建てた家は瓦礫になった。



f0300216_08134159.jpg


全文・動画


オリンピック開催に際して …………

1「 インフラ整備 」2「 メインスタンド建設」コレは さけられない、、、( スタンドは 壊しましたからね!!! )

【 ロス オリンピック 】の時は【 前回大会 】の スタジアムを 《 再利用 》しましたよねぇ〜 〜 〜

「 交通網 」( 渋滞 )を どの様に解決するか ???


コレに関して ……… とある番組で ………

〔 ケーブルカー 〕を 走らせる …… コレ!が 『 安価 』と 云っていた ( ボードに書かれていた )

勿論、コメンティター から [ 何に比べて 安価なのか ??? ]と 突っ込まれていましたがね!!!

……… 如何 、、、、なんでしょうか ???


「 自転車専用レーン 」を増やす事で …… 幾分減らすことができるのでは ……… と、レギュラー が 話していた、、、

通勤・通学 対象なのかな ………


建設物には ……… 〔 再利用 〕と 「 取壊し 」と 二つに分かれるのだが ………


壊す! ことを

前提に「 創る 」のも …… 考えもんですよね ???


コレから、【 小池 】Vs『 森会長 』の 綱引き、、、凌ぎ合い が 始まります!!!


f0300216_18353069.jpg


四年先……… ???


マイナー競技( 国内 )の INTERNATIONAL LEVEL…… への 引き上げ!!!


国内での 支援が 受けられない( 自腹で )「 先進国 」へ 武者修行に行く事になる、、、、、、、

【 カヌー 】は ソノ 一例ですよねェ 〜 〜 !テコンドー 、、、

トランポリン! 高飛び込み( 女子 )!は 指導次第で 更に上を目指せます、、、、、、


東京限定の「 追加種目 」では 絶対視の 競技となる( 日本が “ 追加 ” 申請したのだから )

獲れませんでした!!!では ……

また、云われることになる、、、「 税金を …… 」と 、、、、、、、(−_−;)


マスコミの協力が 最も重要だろう ………

あらゆる 競技を 各社( 各局 )で 中継する、、、勿論 「 全国放送 」、、、、、

〔 視聴率 〕は 取れなくて アタリマエ!!! しかし ……… 数パーセントでも、、、

百万人以上が …… 観たことになる !!!その中の…… 更に 数パーセント が 【 競技者 】に繋がれば 良いのではないかな ???



[PR]
# by tomoyoshikatsu | 2016-08-26 20:11 | 政治 | Trackback | Comments(0)

f0300216_13524366.jpg

ココ クリックして

来週はじめ …… 何処へ来るんでしょうか ???

気になって…… しょうがない!!!

人命に関わる

不要不急の 外出は控えましょう


[PR]
# by tomoyoshikatsu | 2016-08-26 13:56 | 呟き | Trackback | Comments(0)

■国際平和シンポジウム(7月30日、長崎市

 核なき世界を求めて――。7月30日に長崎市で開かれた国際平和シンポジウム「 核兵器廃絶への道~オバマ時代から未来へ 」(長崎市、長崎平和推進協会、朝日新聞社主催)では、俳優・映画監督の杉野希妃(きき)さんと文化批評家の切通(きりどおし)理作さんが「 被爆の歴史を消さないために 」と題して対談しました。杉野さんは広島の被爆3世。

f0300216_06031373.jpg

杉野 氏

f0300216_18214956.jpg

切通 氏



切通さんは長崎の被爆2世。自らも被爆2世であるフリーアナウンサーの東島真奈美さんが司会を務めました。壇上でのやりとりを詳しく紹介します。

     ◇

 司会 被爆71年を迎える今年5月、オバマ大統領が広島を訪れました。演説には、こんな言葉がありました。「 いつか証言する被爆者の声をきけなくなる日がくるでしょう 」というメッセージです。私の父も母も被爆者です。昨年、母が亡くなり、長崎市平和公園でとりおこなわれた平和祈念式典のなかで、原爆犠牲者として新たにお名前が奉安された3373人の中のひとりです。

 私は長崎で生まれ、育ち、そしていま、長崎で生活している者として、母の死をとてもある意味、長崎ということで受け止めることになりました。いつか、証言する被爆者の声を聞けなくなるときがくる。これは遠くない現実と思います。広島・長崎のこの記憶をどのように私たちが受け継いでいくのか。長崎を最後の被爆地にするために、何をしたらいいのか。人類が二度とあやまちを繰り返さないために、何ができるのか。きょうは考えて参りたいと考えております。

 杉野さんは広島市で1984年に生まれて、おばあさまが被爆されている。広島の被爆3世です。切通さんは、文筆家翻訳家のお母さまの狩野(かのう)美智子さんが、長崎の三菱兵器茂里(もり)町工場で被爆されている、長崎の被爆2世です。きょうは「 被爆の歴史を消さないために 」というテーマで、このおふたかたにお話を伺いたいと思います。

 司会 切通さんは長崎は二十数年ぶりだそうですね。

 切通 23、24年前に来て、それ以来です。原爆資料館はすっかり変わっていました。( 隣接地に新しくできた国立長崎原爆死没者追悼平和祈念館には )ひとりひとりの被爆者の方が登録されていて、名前を検索したら( 手記や遺影が )出てくる、そういうふうになっていて、すごくびっくりして。案内してくださった方が、地元の人たちがここに( 地上部にある「 水盤 」という施設に )涼みにくるんですよ、とおっしゃった。被爆した人たちのひとりひとりの証言が肉筆で書かれたそのままのものが、気軽に立ち寄って、いつでも読めることに、すごく僕は驚きました。

 司会 小さいころの原爆資料館のイメージとは変わったということですね。杉野さんは実は長崎訪問は初めて、と。

 杉野 恥ずかしながら。初めてで、こういう機会をいただけてうれしく思っています。空港におりたった瞬間、すごく空気感が広島に似ていると感じました。実際に街中に入ったときも、街の雰囲気とか空気の感じが広島に似ていて。それはなんでだろうと思っていたら、ある方が、祈りじゃないかということをおっしゃっていて、確かに、そういうちょっと、街の空気が澄んでいるということが長崎にもあると思いました。空港から5分くらいのところに小さな公園があったけれど、そこに平和都市宣言の小さな塔があったんです。その瞬間、長崎にきたんだという厳粛な気持ちになりました。

 司会 対談前に国立長崎原爆死没者追悼平和祈念館に行かれたと。

 杉野 水がないなかで亡くなった人たちに常にせせらぎがきこえるようになっている、という話を伺い、胸がきゅっとつまってしまって。献花をさせていただいたんですけれども、心が本当にあらわれる空間でした。

 司会 杉野さんは被爆3世ですと紹介しましたが、オバマ米大統領が広島を訪れました。どう感じましたか。

 杉野 現職の米国大統領が広島、被爆地に来ること自体が、おそらくタブー視されていたと思うことなので、そのことだけでも、非常に意義深い訪問だったと思います。あの日はとても歴史的な日になったと思います。私、朝まで眠れなかったんですね。あの演説を聞いて、祖母がどういう風に思ったのかなとか、たぶん、すごく心待ちにしていた被爆者の方もいらっしゃるでしょうし、謝罪の言葉を聞きたかったという人もきっといらっしゃるだろうし。そういったたくさんの方々の思いを想像するだけでも、胸がいっぱいになってしまって、心のなかでいろいろな感情が渦巻いてしまって、眠れなかったです。

 オバマ大統領の演説自体、いろいろな意見がありますが、私は、彼自身、米国の代表として言葉を発しているというよりも、ひとりの人間、ひとりの表現者として、言葉を発している感じがしました。なにか主張されているよりも、どこか詩的で、朗読をきいているような感覚で聞くことができる演説だったと思いますし、余白があって、聞いた後にいろいろと議論ができるという意味では、私のすごく個人的な考えですが、映画的な朗読、演説ではなかったのかなと感じましたね。

 司会 切通さんはいかがですか。

 切通 オバマ大統領個人の思いももちろん底流にあるかもしれませんが、大統領である立場、制限も含めたなかで、米国がいま核軍縮に対して具体的にどのように問題にぶちあたっているのか直接、被爆地に来ることで、ある程度、どこが鮮明で、どこが曖昧になっているかというところが改めてわかった感じがしました。やっぱり「 人類が反省すべき 」と( オバマ大統領の演説では )主語が人類になっているけれど、ぼくは、原爆を落としたのは米国だと思っていて、主語が人類にすり替わっていると思います。もちろん、われわれ日本人も含めて人類だし、韓国の人たち、外国の人で被爆した人たちも人類で、原爆を落とした人たちも人類なのだけれど、直接は米国が落としたのが原爆で、そういった問題が、核保有国と保有していない国の問題ということも含めて、まだまだ解決していないと受け止めました。

 司会 杉野さんはおばあさまのこと思うと、眠れなかったと。2014年、被爆69年の夏に、杉野さんは朝日新聞の「 核といのちを考える 」シリーズのインタビューに応じてくださった。杉野さんはおばあさまの被爆体験について何も聞けていませんと答えていましたが、その後はいかがですか。

 杉野 この記事がきっかけとなって、2015年は戦後70年を迎えるということで私なりにちょっと一歩踏みだしたかったこともあるんですね。2014年の年末、祖母のおうちに行ったとき、なるべく、祖母を傷つけないかたちで、話を初めて聞いたんです。それまでは父から、祖母は本当に深い傷をおっているから絶対に話したがらないし、聞かないでくれと言われていたけれど。聞かずに戦後70年を迎えることに納得できなくて。私のエゴだったかもしれないけれど。祖母に、言える範囲でいいので教えてと言って、教えてもらったんです。そのときにやはり初めて分かることがいくつかありました。

 たとえば祖母のお兄さんが三菱重工で働いていたときに被爆して、祖母は疎開先から広島に帰ってくる、広島市内に入った時に被爆した事実を知りました。お兄さんのお嫁さんが、被爆というか、原爆投下された後に行方知らずになってしまって、たぶん亡くなったんでしょう。そのとき以来「 会っていない 」ということも初めて聞きました。自分の身内に、私、身内は全員助かったと思っていたんですが、被爆で亡くなった方もいるんだということを初めて知って、すごく驚きました。

 ( 原爆投下の )翌日に、祖母は自分の通う学校で、死体が積み重なっていて、それに石油がかけられて、死体が焼かれているところも見ていたそうです。なんというんでしょうね。いままで語り部の方から、他人から聞くことはあったけれども、身内の話を、祖母の話を聞くことはなかったので、聞いてよかったなあと、今でも思っております。

 司会 これまでお話しにならなかったおばあさまのお気持ちというのは、どのように察しておられますか。

 杉野 自分の親友がどんどん髪の毛が抜けているのを祖母は見ていますし、つらい思いだったんだろうなと。語りながらやはりすごくつらいような感じもあったので。どんどん聞いていくというよりも自発的に話してくれるのをちょっと待ちながらゆっくり時間を取って聞いていったんです。戦後70年という時がたっても、被爆、原爆がもたらす影響というのはものすごいものだと実感しました。

 司会 杉野さんは広島で育っていらっしゃるので小さい頃から学校での平和教育を受けていらっしゃるんですよね。

 杉野 小学生の頃から原爆資料館には何回行ったんだというぐらい行きました。読む本も原爆体験記だったり戦争の話だったり、推薦図書などで読まされたりとかそういったことがすごく積み重なっています。高校を卒業して大学に入ってから他県出身の子と話している時に驚いたのですが、他県ではそんなに平和教育ってやってないんですね。自分が受けてきた教育って、当時はなぜこんなにつらい、こんな衝撃的なことを学ばなければならないんだろうと思った時期もあって、広島から逃れたいと思ったこともあったんですが、社会人になって、あの時の強烈な教育、強烈な体験が自分の中で血となり肉となっているんだと実感しています。

 司会 杉野さんは私の娘に近い年齢ですけれども、私の娘も大学を出たあと県外で就職しています。「 お母さん、温度差があるんだよ。8月9日に向けて、8月6日に向けての意識も違うんだよ 」と驚いた様子で言っていたので、とても共感します。

 杉野 8月6日、8月9日がどういう日なのかということがわからない人がいるんだなということに、衝撃的でしたね。

 司会 杉野さんは日本国内だけでなく世界的に向けて活躍していらっしゃいますが、海外でも「 私は広島出身です 」とおっしゃると聞きました。

 杉野 広島出身ということが自分のアイデンティティーの大きな部分を占めていると思うんです。どこ出身?と聞かれると「 広島出身 」と。「 日本 」というよりも「 広島出身 」と言ってしまいます。私の映画はどちらかというと社会派と言われることが多いんですが、「 だからね 」「 That’s why 」と答えをされることが多いですね。

 司会 「 広島出身です 」って言って、何か反応はありますか。

 杉野 身ぶり手ぶりで原爆の様子を表現される方もいらっしゃいます。「 ピース 」「 ピース 」と反応される。私もすごく意識している言葉ですけど、そうおっしゃる方が多いと思います。

 司会 杉野さんは朝日新聞夕刊でコラム「 キキキネマ 」を連載していらっしゃいます。この6月の「 戦争の悲劇、胸を打つまなざし 」というコラムでオバマ大統領の演説に触れていらっしゃる。「 ある女性は原爆を投下した操縦士を許した。本当に憎むべきものは戦争そのものだと気付いたからだ 」というくだりを引用していらっしゃいますが、その気持ちをお聞かせいただけますか。

 杉野 「 鶴は翔(と)んでいく 」という映画があって、たまたま6月にオバマ大統領が訪問された直後に飛行機の中で拝見しました。この映画は第2次世界大戦のさなかの恋人たちの悲恋を描いている作品なんですね。ラストシーンに出てくる、主人公の亡くなった恋人の親友が演説をする姿が、オバマ大統領の演説の姿と重なってしまって、内容もかぶる部分があって引用したんです。オバマ大統領のこのフレーズはすごくいろんなことを想起させると感じています。一番印象に残っているんです。

 「 許す 」っていう言葉がこれほど強烈に感じることって、なかなかない。戦争って、やっぱり人間を人間じゃなくさせることが戦争であり、加害者が被害者になる可能性もあるし、被害者が加害者になる可能性もあるものだと思うんです。オバマ大統領がこのエピソードをどういう気持ちで引用されたのかというと、おそらく許すことで負の連鎖を止めることが大事だという思いもあったと思うんですけど、米国国民としての許しの言葉を受けた上での彼の思いがどうだったんだろうというのが私としてはすごく興味深かったです。オバマ大統領がこの言葉を言うこと自体が、すごく意味があることですけど、ちょっと皮肉もある気もして、このフレーズを引用させていただきました。


このあとは、、、明日載せます!!!( 三部構成になってます )

………… のでお待ちください!!!

【 核といのちを 考える 】は 時々載せています …… 明後日( たぶん )「 入口 」を載せる事ができると思います!!!


[PR]
# by tomoyoshikatsu | 2016-08-26 12:10 | 反核 | Trackback | Comments(0)

あの頃の …… 夏休み

 かき氷、ところてん、スイカ……。「 記憶の食 夏休みの味 」にたくさんの投稿をいただきました。味とともに家族のやさしさを重ね合わせた投稿が目立ちました。

■一度きり、母のかき氷

 借家の2畳間にはいつも、綿ぼこりが舞っていた。機械に向き合い、母は黙々と綿花を紡いで糸にしていく。暑い日も寒い日も……。

f0300216_05431070.jpg

 愛知県江南市の篠田洋子さん(75)の父親は昭和19(1944)年8月、36歳の若さで中国大陸戦病死した。残された母のとく毛(も)さん、洋子さんら3人の子どもは、疎開先の群馬県太田市で暮らし始めた。家計を支えたのは母の内職。「 綿ぼこりでいっぱいで息をするのも嫌でした 」と洋子さん。

 あるとき、家にかき氷器と大きな氷が届いた。当時6歳だった洋子さんと8歳の姉は、手をたたいて大喜びした。自転車で売りに来るアイスキャンディーさえ買ってもらえなかったからだ。姉と2人、茶わんとスプーンを持って、母がかき氷を作ってくれるのを待った。

 しかし、いつまでたってもかき氷をよそってくれなかった。「 これは売り物だからね。我慢してね 」。母は申し訳なさそうに2人に言った。

 玄関先には「 かき氷 」の旗がはためく。近所の子どもが「 かき氷ちょうだい 」と買いに来る。すると、母は台所の床下でおがくずの中に保存してあった氷を取り出し、かき氷器にセットする。シャッシャッと氷を削る音がして、脚のついたガラスの器に雪のような山ができる。そこに赤いイチゴシロップをかければできあがり。ニコニコしながらかき氷を持ち帰る子どもを姉と2人、うらやましそうに見つめる日が続いた。

 そんなあるとき、母が姉と洋子さんのかき氷を作ってくれた。「 いつも我慢させてごめんね 」。「 お母さん、ありがとう! 」。2人で夢中で食べた。氷の冷たさで頭がキーンとする。シロップの甘さがじんわり舌に染みた。

 かき氷を食べさせてくれたのは1度きりだった。でも、夏の暑い日の母のやさしい気持ちは今でも忘れない。(浅野真)

■スイカ半分「露天掘り

 夏といえばスイカ。スイカといえば切り分けてがぶりと食べるもの。でも、福岡市の中川原(なかがわら)進一郎さん(69)は、小学生の夏休みに一風変わったスイカの食べ方をした。

 うだるような暑い夏の午後。母に呼ばれて進一郎さんと父が居間に行くと、畳の上には広げた新聞紙とスプーン三つ。そこへ母が持ってきたのは、半分に切ったスイカ。これを3人で囲んで食べるというのだ。「 意表を突いた提案に、父も私も口があんぐりでした 」

 まずは父が、スプーンで断面を三つに区分けしてそれぞれの「 陣地 」を示す。そして三者三様のペースで陣地を攻めていく。中川原さんは、父の「 ゆっくり食え 」との教え通りちびちびと口にする。一方、母はダイナミックにスプーンで突きまくっていく。

 しばらくして父が「 小休止! 」と号令。進一郎さんがトイレから戻ってくると、全員の「 露天掘り 」にかち割り氷が入れてある。それに、なにやら甘いにおい。よく見ると、母の陣地だけ赤が濃い。大の酒好きの母が、自らの露天掘りに「 赤玉ポートワイン 」を注いでいたのだ。

 進一郎さんも興味本位で「 僕にも赤玉入れて 」。「 じゃ、少しね 」と母。口にすると、ワインの渋み、スイカの甘み、氷の冷たさが一緒になって、極上のおいしさだった。

 エアコンなんてない時代。風鈴の音を聞きながら、親子3人で涼を楽しむぜいたくな時間。最後は父の決めぜりふ。「 うまかもんは、小人数(こにんずう)たい! 」。進一郎さんもこのときばかりは、一人っ子であることを幸せに感じた。

 夏を迎えるたび、あの日のことがよみがえる。「 2人とも天国で、早くあいつもスイカを食いにこんかのう、なんて言っているかもしれませんね 」(広江俊輔)

■中学生の味は…

 静岡県三島市日本大学三島中学1年B組の生徒29人が書いた「 記憶の食 」が朝日新聞に送られてきました。「 国語の授業で、200字作文を書いてもらいました 」と同校の瀧上雅彦先生。

 「 花火大会の日におばあちゃんの家で食べるフルーツポンチが大好きです 」「 夏祭りの屋台で売っていたりんごあめ 」「 キンキンに冷えたそうめんを食べるときは、とても気持ちがよいです 」……。いまどきの中学生の「 夏休みの味 」もバラエティーに富んでいます。

作文 】← ココから 入ってください
写真の 下に 、、、、白いのが ………… 作文

アサデジより!!

昨日お約束のは ……… このあと載せます ( 昼前に!!! )

[PR]
# by tomoyoshikatsu | 2016-08-26 03:42 | 反戦 | Trackback | Comments(0)

自力 V 消滅!!!!!

f0300216_11483239.jpg

巨人 ・3 - 7・広島

情けない …… それだけだ!!!

【 優勝 】は 逸したが ……… CSを勝ち抜けば …… (−_−;)

しかし ……… 「 シタ 」が 何処になるか ???

……………………………………

期待した、、、ドラフト組み!!!

桜井 ………… 一試合投げて 上がって来ない

重信 …………………… 多摩川を 駆け回っているのかなぁ?

中川 ………… 期待してたんだけどね!!!

……………………

今年も〔 固定 〕できなかった 打線!!!

1・2番 は 固定すべきなんだよね …

勿論、中軸は 当たり前、、、、、

助っ人は …… ズッコケット!!!

「 エース 」が投げれば 得点できない 打線

3番打者の 打点の 低さは 上の出塁率のせい

慎之介の 長期離脱 !!!

挙げれば ……… 湯水の如く( 蛆虫 )!!!

可笑しな試合、、、の …… 数々 、、、、

「 ハラタツ 」采配よりはマシ?

なにせ …… 引退 即 監督、、、、、、

考慮すべきでしょうね〜

今夜の試合 】…………

今夜も SoftBank !!!

今日迄 NHK BS ですから …………

独走していた 鷹は ……… 疲れています

今夜勝てば

たてなおしできるでしょう!!!




[PR]
# by tomoyoshikatsu | 2016-08-25 17:50 | BASE BALL | Trackback | Comments(0)

 原子力発電所の運転で生じる核のごみ(高レベル放射性廃棄物)の地層処分について、経済産業省は年内に科学的に有望だとする場所を示す方針だ。負の遺産を後世に残さないよう地層処分するのが原発の恩恵を受けた現世代の責任だ、と経産省。しかし、大前提となる核燃料サイクル政策をめぐる議論は乏しい。存続が揺れる高速増殖原型炉「もんじゅ」(福井県)と同根の問題を抱えている。

■地図づくり大詰め

 8月9日に開かれた経済産業省の有識者による作業部会。高レベル放射性廃棄物地層処分の要件や基準について、科学的、技術的な観点から検討してきた報告書案をまとめた。

 委員長の杤山修・原子力安全研究協会技術顧問は会議後、報道各社に対して「社会的な要件を検討する別の委員会の検討結果と合わせて、マップとしてどういうふうにするか決めることになる」と話した。

 報告書案は、1カ月間、意見公募をしたうえで、今年内に経産省が提示を目指している、科学的有望地を示す地図の土台となる。

 高レベル放射性廃棄物とは、使用済み燃料を再処理してプルトニウムを取り出す際に生じる高レベル放射性廃液をガラスで混ぜて固めたものだ。これを金属筒と粘土で覆って、300メートル以上の深さの地下に10万年間は安定的に埋めて地層処分する。日本では2000年に法律ができ、国内の各自治体を対象に候補地の公募を始めた。

 しかし、この間、正式に応募があったのは高知県の東洋町だけ。その動きも、その後、町を二分する問題になり、応募が取り下げられてしまった。

 放射性廃棄物が何らかの理由で、周辺の環境を汚染する懸念はなかなか払拭することはできなかった。水面下で検討する自治体の動きもあったが、東日本大震災もあり、そうした動きは止まった。欧州では、適地を政府が示す試みもあり、政府も、国は積極的に科学的有望地を提示して、理解活動を進めていくことを柱にする方針に転換した。

 経産省作業部会の報告書案では、各地に分布する火山活断層を避けることや、地下の酸とアルカリの度合いを表すpH(ぺーハー)や温度の上がり具合など、考慮すべき条件を挙げた。

 処分場の操業が始まれば、青森県六ケ所村再処理工場から年間に約1千本もの高レベル放射性廃棄物の輸送が必要になる。このため海上輸送をメインに地上輸送も港湾からの距離が20キロ程度の範囲内が望ましいことなどが挙げられた。

 沿岸から海側に向かって高レベル放射性廃棄物を地下に運び込む坑道を延ばし、海底下の岩盤内に埋設することも、処分地の一つの候補として盛り込まれた。

 経産省が提示する科学的有望地の地図は、報告書案で示された要件を落とし込んだものになる。要件に従って、「適性が高い」「適性あり」「適性が低い」の三つに色分けする見通しだ。有望地といっても詳細に調べなければ本当の適地かは確定できない程度のものだ。大まかな地域の範囲を示すものになりそうで、地図が出たからと言って、すぐに特定の地域に焦点が集まるものではなさそうだ。

 ただ、適地のゾーンにある地域にとっては、処分場の問題を自分たちの問題として受け止める判断材料になる。作業部会内にも「少しずつ高レベル放射性廃棄物の問題が各地に浸透していくきっかけになれば」と期待する声がある。

■乏しい政策議論

 作業部会の検討と並行して、経産省は、高レベル放射性廃棄物の処分への理解を得るために、各地でシンポジウムなどを開いている。しかし、核燃料サイクル政策への踏み込んだ議論は乏しい。

 日本が国内外に保有するプルトニウムはすでに48トンにも上る。核兵器への転用の疑惑を招かないためにも、着実にこのプルトニウムを利用しているという姿勢を示さなければならない。政府はウラン・プルトニウム混合酸化物(MOX)燃料軽水炉で燃やす「プルサーマル」方式に注力しようとしているが、今のところ、燃やすあてがはっきりしているのは、この8月に再稼働した四国電力伊方原発3号機(愛媛県)だけだ。

 一方で、プルサーマルで使い終わったMOX燃料の扱いをどうするかははっきりしていない。仮に再処理するとしても、六ケ所村とは別の新たな再処理工場をつくることも検討しなければならない。将来的には、高レベル放射性廃棄物と共に処分する選択肢もあり得る。

 六ケ所村再処理工場は、新しい規制基準に適合させるための審査を受けているが、トラブルが度重なり操業が遅れ続けており、技術力に疑問を投げかける専門家もいる。操業が失敗すれば、使用済み燃料の行方も宙に浮くことになる。

 核のごみは、原発を推進、反対にかかわらず取り組むべき問題だ、というような中立的な問題とはとても言えない。今後の原子力政策をどうするかに密接にかかわっている。

 高速増殖原型炉「もんじゅ」をめぐり、原子力規制委員会の勧告を受けて、文部科学省が存続策を検討中だ。核のごみは、もんじゅが抱える問題とだぶる。

 使用済み燃料から取り出したプルトニウム利用の大前提だった高速炉開発が揺らげば、プルトニウムを増やして準国産エネルギーを目指して始まった核燃料サイクル全体の問題に及ぶ。使うあてのないプルトニウムを取り出す再処理そのものの存在意義も失い、高レベル放射性廃棄物対策の見直しにも迫られることになるだろう。

     ◇

 はっとり・ひさし 福井支局を振り出しに、主に科学部で勤務。原発やエネルギー、医療問題などを担当。東日本大震災時は、東京科学医療部デスクとして震災報道に当たる。2012年から編集委員。東京電力福島第一原発や、原子力史上最も過酷なチェルノブイリ原発事故の現場をルポしてきた。(編集委員・服部尚

アサデジより!!!

f0300216_20463688.jpg

↑ ↑
日本記者クラブ記者団に2015年に公開された北欧スウェーデンの高レベル放射性廃棄物処分の地下研究施設。同国は2020年代の処分場操業を目指しており、フィンランドとともに世界でも処分の実用化に向けたトップを走る


スウェーデンの高レベル放射性廃棄物の処分に向けた地下研究施設に設置された縦穴。同国は日本と異なり使用済み核燃料をそのまま高レベル放射性廃棄物として処分する方針。こうした縦穴に埋めていくという

↓ ↓
f0300216_20474741.jpg

明日から 「 被曝者 」関係を 3回ほどに分けて 載せます

…………………………


[PR]
# by tomoyoshikatsu | 2016-08-25 16:31 | 反核 | Trackback | Comments(0)

南極海で調査捕鯨をしている日本鯨類研究所と共同船舶は8月23日、反捕鯨団体「 シー・シェパード 」と同団体の創始者のポール・ワトソン容疑者(国際手配)に対して、調査捕鯨船に対して繰り返していた妨害行為をやめるよう求めてアメリカ連邦地裁に提訴していた裁判で、和解に至ったと発表した

f0300216_06172393.jpg

合意は、日本側が和解金を支払う代わりに、シーシェパードが永久に妨害行為を行わないという内容だ。これによって2011年に始まった両者間の訴訟は収束することになった。


時事ドットコムによると、シーシェパードは公海上で船を衝突させるなど危険な妨害行為を繰り返し、鯨類研と共同船舶は2011年12月、暴力的行為からの救済を求めて、連邦地裁に提訴していた。

和解したのは8月初旬で、日本側は過去の法廷闘争でシーシェパード側から法廷侮辱罪の賠償金として支払われた約3億円の一部を、和解金に充てる。


今回の合意によって、シーシェパードとワトソン容疑者は、調査船への攻撃や安全を脅かす航行のほか、公海上で調査船の500ヤード(約460メートル)以内に接近することなどが永久に禁止されることになった。


しかし、この和解には大きな欠点が…


f0300216_06194230.jpg

日本側がアメリカの反捕鯨団体シー・シェパードに和解金として金銭を支払う一方、調査捕鯨への妨害行為を「 永久に行わない 」とした合意について8月23日、調査捕鯨の妨害の実行部隊であるシーシェパード・オーストラリアが無視する意向を表明した。


シーシェパード・オーストラリアの幹部、ジェフ・ハンセン氏は「アメリカの裁判であり、オーストラリアの私達には関係ない」と話したと、BBCなどが報じた。


英紙ガーディアンによると、

ハンセン氏は「 オーストラリアのクジラ保護区でのクジラの虐殺を禁止するオーストラリア連邦裁判所の判決の効力が残っている。

アメリカの裁判所での和解は、オーストラリアでは法的な効力は全くない 」と述べ、今後も妨害を続ける考えを示したという。


共同通信によると、日本鯨類研究所が、アメリカとオーストラリアのシーシェパードはそれぞれ法的には「 独立している 」ため、合意の効力がオーストラリア側には及ばないことを確認したと報じた。

ただし今回の和解により、事実上の本部とみるアメリカ側からの資金や人材の提供が禁止されるため、妨害活動には打撃となると指摘したという。


ハフポスより!!!


鯨を 安価で、、、たっぷり喰いたい


昔は……… 喰えたのにねぇ〜 〜


祖母の「 カレー 」、母のも …… 【 鯨 】でした!!!


〔 乱獲 〕した 、、、我が国も悪いが…………


海上で、、、、


一番デカイ!さかな を 「 減らす 」のは


【 漁民 】と 「 消費者 」〈 製造業 〉には


必要なコト!!!



あゆみより


アユミ寄らないとネェ………


[PR]
# by tomoyoshikatsu | 2016-08-25 14:15 | 呟き | Trackback | Comments(0)

 リオデジャネイロ五輪の男子マラソンで、銀メダルを獲得したフェイサ・リレサ選手(26)が、母国のエチオピア政府に抗議を表明するポーズをとってゴールしたことに対し、世界中に支援の輪が広がっている。母国に帰れば「 投獄されるかもしれない 」とするリレサ選手に対し、ネット上のサイトでは23日現在、約9万ドル(約900万円)の支援資金が集まった。

 


リレサ選手は21日、ゴールインの際、腕を頭上で交差させ、出身のオロモ民族が政府の弾圧を受けていることに抗議した。レース後には「 母国では刑務所に入れられている身内がいる 」「 民主主義について話すと殺される。私の国は危険だ 」などと述べた。

 国際人権団体によると、エチオピアでは昨年来、政府がオロモ民族が多い地域で、土地収用政策を発表。相次いで発生した反政府デモを当局が弾圧し、数百人以上が死亡したとみられている。経済成長が著しいエチオピアだが、表現の自由などは厳しく制限されている。

 AFP通信によると、エチオピア政府広報官は22日、国営ラジオで「 五輪で政治的な立場を表現すべきではないが、他の五輪代表団と同じくリレサ氏の帰国を歓迎する 」と述べたが、実際にリレサ選手が帰国できるかどうかは不透明な状況だ。(ヨハネスブルク=三浦英之)アサデジより!!!


Olympic … Marathon …… 観てましたか???

私は 観てません( 期待してなかったので ) NETで《 リレサ 選手 》を知りました …… !アフリカ諸国・中東・元 ソ連・等は 内戦状態になっている国々がある中〔 参加 〕してきた 選手達 !!!!!

帰国( かえれば )…… 「 逮捕 」〈 投獄 〉が待っている選手もいるんでしょうね 、、、、

この先 どの様にして「 さんごく 」へ行き 亡命 ……… 家族・親族の【 身の安全 】を確保するのだろうか ……………

隣国の選手は …… [ 帰化 ]して 参加してました( 卓球 )、、、チョット前、同じ事( 帰化 ⇒ 参加 )を 画策したら…… 本国が STOP!をかけました!

おもて( NEWS )には でてないが Americaの 先の国 の選手達も ……………… ??? と、思いませんか、、、、、、、


[PR]
# by tomoyoshikatsu | 2016-08-25 11:25 | 政治 | Trackback | Comments(0)

政治にクマってない? NPB MLBは すいとう?東北在住の九州人 野球をクマなくアイスル 雄熊